ミラノ・デザインウィーク ~ Lolo Piana(ロロ・ピアーナ)  

ミラノサローネに行ってきました。

ミラノサローネとは、毎年4月にミラノで開催される世界最大規模の家具見本市「ミラノサローネ国際家具見本市」の通称。正式名「Salone del Mobile.Milano サローネ・デル・モービレ・ミラノ」と言います。

こちらは、ミラノ郊外のロー市にある見本市会場Rho Fiera Milano(ロー・フィエラミラノ)の初日の様子です。6日間の会期で来場者は30万人以上と言われています。

そしてこのミラノサローネ開催の時期に合わせて、ミラノ市内で自主的に開催される展示が多くあります。

これらを総称してFuori Salone(フォーリサローネ、サローネの外の意)と呼ばれ、この世界最大規模のデザインイベントが行われる期間を『ミラノデザインウィーク』いいます。

 

 

今回は、ミラノデザインウィークの開催より2日ほど早くミラノに入り、今年から取り扱いを始めました「ロロ・ピアーナ インテリア」本社とファクトリーの見学・視察に訪れました。

 

 

ロロ・ピアーナの本社は、ミラノから北西に車で1時間ほどの所、スイス国境にもほど近い「クロアーナ」にあります。

山並みにはまだ雪が残る長閑な風景を見ながら ロロ・ピアーナの本社に到着しました。

 

 

ロロ・ピアーナの創業者はピエトロ・ロロ・ピアーナで、1924年にイタリアで高品質のカシミアとウールの生地メーカーとして創業を開始しました。

ブランド名は創業者の名前から付けられています。長い歴史の中で培われたノウハウを守りつつ、独自の進化を続けることで約100年の実績と信頼を確立している有名ブランドです。

最高級の原料と生地にこだわることで世界中からの評価が集まり、アパレル部門にも進出しています。そして、12年前にインテリア部門を立ち上げ、ラグジュアリーブランドとして活躍の幅を広げています。

そして、5年程前に高級ブランドLVMH・ルイヴィトングループの傘下に入ることで、知名度の拡大に成功しています。

写真は本社ショールームです。

 

 

ミーティングルームで、ロロ・ピアーナのブランドの歴史や背景、又はコレクショス生産プロセスにおける環境へ取り組みなど、たくさんのビデオを見せていただきながらレクチャーをいただきました。

ロロ・ピアーナの扱う繊維は基本的には、ウール・カシミア・ベビーカシミア・そしてビキューナといった動物系の高級天然繊維が特徴です。

また、近年は天然素材を強化する為リネンのメーカーをグループの傘下としてコレクションの幅を拡大しています。

 

 

また、企業理念として、天然素材としての資源を守るために持続可能な様々な取り組みを行っています。

カシミアを扱うモンゴルの酪農家と親密な関係を維持し現地には工場を併設しています。また、希少価値の高いビキューナに関しては、ペルーにビキューナの保護区を設立して保護育成に取り組んでいるそうです。

 

 

ロロ・ピアーナの最大の特徴は、原毛の調達~紡績(糸作り)~毛織(生地作り)~仕上げまで、すべて一貫生産している 世界でも数少ない高級毛織物メーカーなのです。

様々なアーカイブの資料が展示されている部屋を後にして、本社から車で15分ほど行ったところにあるカシミアの紡績工場に移動しました。

 

 

この日はとても天気が良く、山も近いこともありすこし肌寒いけれども気持ちの良い気候でした。

 

 

工場は1994年に建てられたモダンな建築ですが、上手く背景の自然に溶け込むように配慮された外壁やカラー、建物になっています。

 

 

この工場はスピングといって、繊維の原料から糸をつぐむ紡績までを行う工場です。

ロロ・ピアーナでは、アパレルなどの製品などの他に、糸や生地の原反としての出荷が大きなビジネスとなっています。

工場内に入ると、昔に使われていた紡績の機会がオブジェとして飾られていました。

現在は使われていませんが、構造としては同様の工程を行う為に現代的な最新の機器になっているそうです。

 

 

膨大な敷地の中に最新の設備が配備され、天然繊維を扱う為に温度や湿度も詳細に管理され、床は振動を防ぐために天然の木材が使われています。

 

 

工場の中の様子はお見せすることは出来ませんが、広大な工場の中で最新鋭の機器が稼働し、清潔な環境で生産が行われていました。

 

 

これは、ちょっとだけ工場内を・・・

工場内で働く作業員の方たちの為に耳栓が用意されていました。織り機の音はすごいので・・・ 働く環境にも配慮されています。

 

 

ロロ・ピアーナの工場では環境にも特に配慮されています。

工場内では沢山の水を使いますが、この水は川に戻し循環できるように再生され、使われる電気は100%屋上に設けられたソーラー発電でまかなわれています。

 

 

工場のエントランスには桜が・・・ 日本ものとはちょっと種類が違うようですが

 

 

美しい山並みの風景にも自然に溶け込んでいますね

 

 

こちらは、ミラノ市内にあるロロ・ピアーナ インテリアのショールームです。

アパレルのショップがあるモンテナポレオーネ通りの1本裏側の通りにあります。

中庭を入り、またその奥にある中庭の中にありました。

非常にわかりにくいと聞いていたので、なんとかたどり着きました。が・・・

 

 

アポイントを取らずに行ったために、スタッフが不在で中に入れずじまい。

仕方がないので、ガラス越しに写真を撮らせてもらいました。残念・・・

また次回に伺った時にレポートさせていただきます。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Paris Decooff…2019 | Sanderson

Sandersonは、日本でも昔から人気のあるブランドです。

イギリスの WALKER GREENBANK 社はサンダーソンの他にもstylelibraryというグループに以下のような様々なブランドを持っています。

それは、Harlequin、Scion、Zoffany、Anthology、Morris&Co などなど・・・どれも人気のあるブランドです。

サンダーソンの特徴と言えばやはり”ボタニカル”なプリント生地です。

今回のコレクション ”Glasshouse” は、まさにサンダーソンの王道を行く動植物をモチーフとした美しいプリントや刺繍のコレクションです。

ヨーローパ以外の市場をはっきりと意識した、明るくコントラストのはっきりしたサンダーソンらしい華やかな色合いのデザインが多く発表されました。

PALM HOUSE は、優雅にアレンジされたヤシの葉とシルエットのある影が、あふれんばかりの色の配列で並んでいます。

RAIN FOREST EMBROIDERY はサンダーソンの1961年のアーカイブデザインから復刻されて刺繍で表現されました。

コントラストのはっきりしたプリントの生地も多く発表されています。

今回のサンダーソンはとても使いやすいコレクションです。

弊社ホームデコアのコレクションにも新しく加わります。

 

 

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Paris Decooff…2019 | PIERRE FREY / BRAQUNIE

 

フランスのナンバー1ブランドといえばやはり “PIERRE FREY”(ピエール・フレイ)と言えるのではないでしょうか。

ヨーロッパが不況と言われるこの時代にも 前年比14%アップの業績を上げているとは素晴らしいものです。

今回は、その中のグループブランドの一つである “BRAQENIÉ”(ブラクニエ)をご紹介しましょう。

by Anne Pericchi-Draeger

ブラクニエは1858年にブラクニエ兄弟のアレクサンドルとシャルルアンリによって創設され、まさしくフランスの伝統的なドキュメンをもとに、古典的なファブリックを現代に蘇らせているブランドです。

フランスのナポレオン3世の公式供給者であり、ベルギー王国とドイツ皇帝の供給者でもありました。

ルーヴル、シャンボール、ヴァチカンなどナポレオン三世以降のヨーロッパの宮殿、ヴィクトル・ユーゴーの家などでも使われているのです。

そして、1991年にピエール・フレイのグループとなりました。

右岸の会場 “RUE DU MAIL”  にあるショールームの地下にはそのアーカイブのコレクションが数多く保管されています。

それらの貴重なデザインををもとに現代にマッチしたカラーリングで再解釈され、フレンチスタイルらしい素敵なコレクションを展開しているのです。

こちらは、左岸のサンジェルマン・デ・プレ地区にあるブラクニエの単独ショールームのディスプレイです。

テーマは「COMPTOIR D’ORIENT」フランス人デザイナー “Anne Pericchi-Draeger ” によるものです。

18世紀の装飾芸術における主要テーマであるエキゾチック主義です。

16世紀にオスマン帝国、インド、ペルシャ、中国からの輸入品で始まったエキゾチックな花パイナップルシノワズリは、世界の他の地域にとってこのうえなく魅力的なものでした。

これらの遠い土地は 夢のような異国情緒にあふれ、ヨーロッパ人を魅了しているのです。

ターゲットは30~40代の女性。大人可愛らしさを表現しています。

“Age of Enlightenment” と表現されたこの再定義は、純粋に古典が好きな人を安心させ且つ、色や壮観なデザインに恋をしている若い世代をも間違いなく魅了します。

シルク、プリント、刺しゅう、そしてベルベットの力強い色彩の大胆な組み合わせは、慣れ親しんできた18世紀の伝統的なパステルトーンとは対照的です

クラシックをこんな風に見せることが出来るなんて新しい感覚で驚き。とても参考になります。

花柄のモチーフが重なっても目障りにならないように、壁紙やカーテン、絨毯に上手にカラーやトーンのコントラストを付けて其々が引き立つよう上手くまとめられています。

クラシックスタイルのソファーでも、シート部分に幾何学のパターンを苦に合わせることで、なぜか可愛らしくなるから不思議です。

カジュアルなチャック柄サテンをプチバルーンスタイルでソファーと同柄のアールヌーボー柄の壁紙との組み合わせで Orient Style に…

クラシックの新しい使い方の再発見です。

そして、今季から新しく家具のコレクションも加わる ピエール・フレイ の今後の展開がとても楽しみです。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Paris Decooff…2019  | Loro Piana INTERIORS

ロロ・ピアーナ・インテリアは、ロロ・ピアーナが誇る最高の品質をお求めの方へ贈るホーム・テキスタイルのコレクションです。

この度、弊社でも取り扱いを始める事になりました。

昨年末、インテリアテキスタイル部門のマーネージャーのアルバロ氏が来日した際に、私どものショールームに来られて紹介をいただき、改めてその素晴らしさを実感して取り扱いを始めることを決めたのでした。

そして、今回はそのサンプルの仕様を決める為に、日曜日の朝にパリにあるショールームを訪れました。

パリのサンジェルマン・デ・プレ地区にあるロロ・ピアーナ・インテリアの常設のショールームです。

以前はオズボーン&リトルが入っていたところがでしたが、3年ほど前にロロ・ピアーナに変わりました。

ロロピアーナは、1924年にピエトロ・ロロ・ピアーナがイタリアのクアローナで創業した最高級カシミヤと最高級ウールを取り扱う服地のトップメーカーです。

”上質でハイエンドなテキスタイルと言えばイタリア製”というイメージを植えつけたブランドがロロ・ピアーナと言っても過言ではありません。

インテリア部門がスタートしたのは比較的に遅く、2007年からになります。

ファッションと同様、最高級のカシミヤ・ウールを中心にモンゴル、オーストラリア、ニュージーランドといった原産地で買い付けた上質の繊維と最高品質の素材を使い、生産のあらゆる段階で厳格な品質管理のもと、イタリアで製作されています。

個人的には、以前からとても興味を持っていたブランドだったのですが、あまりにも高級で実のところ手を出せないでおりました。

しかし、実際に手に取って触ってみるとその肌触りと質感、そしてきめの細かい精工かつ繊細な仕上がりに感動してしまいます。

海外のインテリアファブリックスをメインに取り扱うショップとしては、その素晴らしさを日本の方々にご紹介していくことは、もはや私どもの務めなのではないかとさえ思うようになりました。

今回セレクトしたサンプルとしましては、まず初めのステップとしてロロ・ピアーナ 定番の最高級のウールとカシミア、リネンなどを中心に揃えることにしました。

そして、そのクオリティーの良さを実感していただくために、大きなスカーフサンプルも多数ご用意いたします。

小さめのものだと、その良さを中々お伝え出来ないからです。

デザインパターンもストライプやヘリンボーンなどからベルベットなど、インテリアとして使いやすいものも多く、現在1000アイテムのコレクションを揃えています。

ロロ・ピアーナというと、高級生地のみを扱うラグジュアリーブランドです。

その生地を使用したスーツやコートは、私含め一般的な消費者には、決して安いものであるとは言えません。

ただ、今回実際にショールームをを訪れ、ロロ・ピアーナのポリシーである『妥協のない最高品質の維持』ということを理解し、これはむしろ安いくらいなのではないか… と思うようになりました。

その価格には、充分納得できる価値があると思えるからです。

是非このロロ・ピアーナの魅力をお伝えしていければと思っております。

 

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Paris DecoOff… 2019 | DESIGNERS GUILD

今年のデザイナーズギルドは使いやすいコレクションが充実 !

インテリアの世界で最も影響力がある人物の一人、『トリシア・ギルド』によるのコレクションが ”DESAIGNERS GUILD” です。

今回のプリントは、16世紀 のイタリア ヴェネツィアからのインスピレーションを得て、フレスコ画の様に上質なリネンに描かれたプリントのコレクション。

やはりここでも 世界的なマーケットを意識した鮮やかで色使いが施されています。

そして、まるで写真の様にリアルのデザインされた人気のローズ柄のプリント生地。

上質なリネンやコットンをベースにデジタルプリントの技法で描かれています。

バックグランドフレスコ画の様な幾何学柄のデザインされ、その上に重ねて花柄がプリントされています。

ピスタチオ、バニラ、ローズ、スカイブルーの色合いを加えた、ソフトニュートラルカラーの現代と古典の完璧な組み合わせ。

Christian Lacroix(クリスチャン・ラクロア)のコレクションは毎回見るものの目を楽しませてくれます。

ピンク&ブラックの幾何学パターンにグラデーションで表現したジャカードのカーテンと、ペイズリーにも見えるツートンのベルベットプリント。

そして下の壁紙同じデザインの BOIS PARADIS BOURGEON というデザインはクッションのコレクションからの発売です。

こちらは別会場に設けられたラクロアのポップアップショールームです。

シルエットの形でエキゾチックな生き物と森の木々の風景がパノラミックに表現されています。

このように、壁全体を壁画の様に表現する壁紙は他のブランドでも随所にみられるようになりました。

そして、何と先週パリでオーダーしたサンプルが本日届きました!!!

通常では、日本では2月から3月に掛けて発表会を行い、その後各店舗に入荷するのは4月からという流れですが、いち早く弊社でご覧いただくことができます。

これだけでも パリまで買い付けに行く価値はあるというものでしょうか。。。

ご紹介した以外にも使いやすい無地のシュリンクサテンやリサイクルヤーンを使ったポップなチェックの椅子張り地、リネンライクな防炎・完全遮光の生地、そしてアウトドアのコレクション第2弾など。。。 今回のコレクションは本当に使いやすく充実しています。

しかも、お値段もぐーっと使いやすくなりました! 是非この機会に・・・!!

まるでテレビショッピングのようですね! (笑)

 

Something Stupid- Michael Buble ft. Reese Witherspoon LYRICS!

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Paris DecoOff…2019 | HOULÈS-NOUAILHAC

 

HOULÈS-NOUAILHAC

Paris Decooff を視察した中で、弊社がメインで取り扱っているブランドの新作コレクションをご紹介しています。

装飾タッセルやトリム・ブレードなどは、インテリアファニシングのデザインには必須のアイテムです。

HOULES(ウレス)のコレクションは本当に多彩。これらを上手に使うことで モダンからクラシックまでカーテンや椅子のデザインをオリジナリティある一点もののアイテムに設えることができるのです。

ショールームは、パリの一等地 『rue du MAIL』の一角に構えています。

なぜに一等地かというと、この通りには JAB、FISBA、Pierre Frey(ピエールフレイ)、Moris、Sanderson といった一流のエディターの常設のショールームがあり、それらと隣接しているからです。

各ショールームを訪れるデザイナーは、すぐに生地サンプルをウレスのショールームに持ち込んで打合せすることができるのです。

以前は少し離れたバスティーユ地区にありましたが、3年ほど前にこのエリアに移転してきました。

そして、昨年から家具ブランド ”NOUAILHAC” を傘下にして取り扱いアイテムの幅を広げました。

毎年 新しいタッセルの発表を楽しみにしているのですが、今回は新作はありませんでした。

その代わりにレパード柄のブレードや使い勝手の良いパイピングのコレクションが発表されました。

そして、椅子張り生地として昨年から出されて大変好評を得ている “FIBREGUARD” の新作が発表されました。

上の写真が ”NOUAILHAC” のソファーに使われた展示です。

ファイバーガードは、ペンやコーヒーやケチャップ、ワインなどの汚れを水だけ、または少量の洗剤だけで落とすことができるのです。

”HOULES” (ウレス) のショールームはインテリアファニシングデザインとしてのアイデアの宝庫です。

ブレードやトリムの使い方や様々なパターンのクッションがディスプレイされています。

カーテンのトップボーダーのスタイルもトリムを使うとシックでありながらゴージャスな雰囲気に演出できます。

また、 ”NOUAILHAC”(ノイアック)の家具は様々なカスタマイズに対応します。

生地使いのパターンや、パイピングなどのフレームなどを変えることでオリジナルデザインに。またフレームのカラーやサイズのスケール感の変更まで、お客様のご希望を叶えます。

新作コレクションのサンプルをオーダーしましたので、是非 弊社のショールームでもご紹介させていただければと思います。

 

The way you look tonight-Michael Buble

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Paris Deco Off… 2019 | Christian Fischbacher

クリスチャン・フィッシュバッハ 日本ではFISBA(フィスバ)の名前で知られています。今年は創立200周年を迎えました。

今回のテーマは『イノベーションとトラディッション』

”INTERACTION” この生地が、まさにこのコンセプトを表現しています。

横糸に特殊な光沢糸を使い、上下見る角度から色が違って見えるのです。

そしてこのモアレの柄は、木の片板を職人が両側から何度も押さえつけて柄を出すという何とも原始的なやり方で作られています。

 

右側の ”INTERFLORAL”は、同じ気持ち生機にスクリーンプリントされています。

まさに革新と伝統的なクラフトスピリッツの融合ですね。

”LA PRIMAVERA” は、可愛いらしいエンブロイダリーのシアー

色鮮やかなプリントの往年のヒット作 “GARDEN PARTY” も生機を変えて復刻しました。

パノラミックな柄の 横使いの生地 ”NEWTOPIA” です。

モノトーンの背景の一部の花だけを色付されていたデザインが印象的です。

ショールーム2階の商談スペースには壁面体に壁装されていました。まるで絵画のようです。

               

このスーツケースは、3代目のフィッシュバッハ氏が、世界中をセールスで廻った時に使用されていたもの。(現在は6代目)

特別に中を開けて見せていただきました。この貴重なスーツケースを開けられるのはスタッフでもただ一人だけだそうです。

中には、当時 ベルサーチにプレゼンした時のサンプルや、様々な旅の思い出の写真などが入れられていました。

そして、200周年を祝うディナーへもご招待いただきました。

世界中からのVIPだけが招待される貴重な機会に参加できたのは、とても光栄なことでした。

 

Michael Buble – Quando Quando ( It’s Time) HD

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Paris DecoOff… 2019 | CASAMANCE

Paris Deco Off  初日は左岸の会場からスタート

会場はセーヌ川を挟んで大きく2ヶ所に分かれていて、左岸のサンジェルマン・デ・プレ界隈には73個所ものエディターがショールームを構えています。

エディターというのは、メーカーと違って自社で生産している訳ではないのですが、デザイナーやセレクターを持ち、メーカー対してデザイン企画や技術的な開発依頼をした製品を独自に編集し、ブランド名を持っている会社のことを言います。

スイスのクリエーション・バウマン や フランスのピエール・フレイなどの一部の大きなエディターでは、自社工場でメーカー機能を持っている会社もあるようです。

さて、この時期は日本からも各代理店の開発担当者やバイヤーなど多くの方たちが渡仏しています。

そして、メディア関係者、セミナー講師の方々、又は企業やフリーランスのデザイナー、コーディネーターや私のように海外ブランド多く扱うショップ経営者などの多くがパリに情報収集に訪れているのです。

そんな日本から来ている方たちを対象とした、新作の紹介が各ショールームで行われたりします。

今回初めに訪れたのがフランスのエディター”CASAMANCE”のショールームです。

グループとして ”MISIA”、”CASAMANCE”、”CAMENGO”、”CASADECO”と4つカテゴリーに分かれたブランドを持っています。

その中でも、カザマンスは、私が海外ブランドの取り扱いを始める切っ掛けとなったブランドです。

モダンで斬新なデザインのコレクションを毎年次々と発表しています。色使いがとてもシックであるということも近年の特徴と言えるでしょう。

メインのコレクションのテーマは「ガーデンエデン」

2019年春夏のカザマンスは、オートクチュール、建築、そして自然をつなぐ永遠の情熱に敬意を表すとコンセプトを掲げています。

妹ブランドの カメンゴは、フレッシュで明るいカラーが特徴です。

ポジティブでポエトリーな春の花々など、日本の住居空間も溶け込みそうなコレクションが発表されました。

そして、印象的だったのが「メイド イン フランス」へのこだわりです。

新作のコレクションの生産を自国のファクトリーで行っているというものが目立ちました。

ヨーロッパ、特にフランスでは メディアでも多く取り上げるような労働者によるデモなどが行わるなど、決して経済的に良い方向であるとは言えません。

そんな中で 自国の生産にこだわり、その良さをブランドとして表現して行こうという一つの表れなのではないでしょうか。

Fly Me to the Moon/Lucky (Sinatra/Jason Mraz & Colbie Caillat MASHUP) Rick Hale & Breea Guttery

 

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Paris Deco Off… 2019

毎年1月から始まりヨーロッパのインテリアシーン。

今年もトレンドの視察や新作サンプルの買い付けを兼ねて『Paris Deco Off… 2019』  と 『Maison&Objet』 に行ってきました。

この時期にパリに取材に来るようになって11年目となりました。早いものです。

経年で見ていると、今までのトレンドの流れや其々のブランドの変化など解って意外と面白いものです。

Deco Off の会期は1月の17日~21日までの5日間。Maison& Objet は一日ずれて1月18日~22日までとなります。

恒例となった其々のエディターの新作生地よって彩られたランプシェードのインスタレーションが開催エリアを華やかに彩ります。

左岸のサンジェルマン・デ・プレの広場には巨大なソファーまで現れました。

隣に写っている女性と比べても、その大きさが分かりますね。

パリの定宿は決めておらず、毎回 パリ在住の友人にB&Bのアパートを借りることにしています。

「1人なので交通の便がよければ、広さとか気にしません!」とリクエストしてるのですが、今回 用意してくれたアパートは、サンジェルマン・デ・プレ 広場からすぐ近くのこちらの部屋。

1階はレストランが入っている18世紀の歴史ある建物の最上階部。

らせん階段を中央部を使って取付れれた 1人用のエレベーターもちゃんと備え付けられています。

室内はコンパクトにリノベーションされていてセンスの良いインテリアで飾られています。

この部屋で1週間程、朝は自炊をしながら過ごすことになります。

建物は屋根の改装中で足場が掛かっていますが、ルーフトップの窓からは、サンジェルマン・デ・プレ 協会が望めます。夕方に鳴らされる鐘の音もまた格別なものです。

エルデコがプロデューしたインテリアショップ「Flamant」のウィンドウディスプレイ

夜になるとランプシェードの光がともされ、Deco Off 開催エリアの通りや広場を素敵に彩ります。

 

Avalon Jazz Band – I love Paris (Cole Porter)

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

クアラルンプール

夏季休暇でクアラルンプールに来ています。

日本は残暑で暑かったのでこちらに来てもそれほど蒸し暑いとは感じません。

マスジッド・ネガラまたはマレーシア国立モスクを訪れました。

マレーシアの首都・クアラルンプールにある同国の国教であるイスラム教の礼拝堂・モスクです。

とても広くて美しい幻想的なモスクです。

軽装では入れないので、女性は入口でベールを貸してくれます。

かみさんは黒のベールを貸してもらい、これがまた似合っていて思わずポーズが決まってます。

団体ね人たちはムラサキのスッポリかぶるガウンを借りていましたが、これがまた不思議な感じ。

ムルデカ・スクエアは、マレーシアのクアラ・ルンプール中心部に位置する広場。

ムルデカとはマレー語で独立の意味。ムルデカ広場、独立広場とも呼ばれています。

セントラルマーケット。

建設当時はKL市民のための生鮮市場として使用されていましたが、

1985年に現在のパステルカラーに生まれ変わり、現在はお土産屋になっています。

午後 カミさんのショッピング中に僕はビールで一息。(^_^*)

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉