Lif/Lin リネンカーテンセミナー & ParisDecooff 2017最新レポート発表会

Lif/Lin リネンカーテン&ParisDecooff2017最新レポートセミナーを開催しました。

これは、弊社ショールームで定期的に行っているプロの方向けのセミナーイベントの一環です。

また今回は、現在開催している【 Lif/Lin リネンカーテンフェア 】と並行して、リネンの特徴をより知っていただくためのセミナーです。

当日は、年度末でお忙しい時期であるのもかかわらず、多くのインテリアコーディネーターやデザイナーの方々にご参加いただきました。

そしてこの度は、 Lif/Lin  のブランドでリネンカーテンのコレクションを展開し、大変な人気を誇る 株式会社 LLtrade 代表の石橋氏を講師に迎え、リネンの特徴や魅力、そしてその使いこなし方術を様々 な事例をご覧頂きながらレクチャーいただきした。

リネンの素材は、生地の収縮や防炎加工のことなど、取り扱いの様々なリスクが伴いますが、それ以上に天然素材ならではの肌触りやドレープ性など魅力が多くあります。

Lif/Lin は、ヨーロッパのリネンの素材を使ってアジアで生産することにより、上質でありながら、リーズナブルな価格が実現した使いやすいコレクションです。

全てで83アイテムの展開、無地ののカーラーバリエーションからストライプやチェック柄、また刺繍を施した高級感漂うコレクションまでオールリネンで揃っています。

また、リネンセミナーの後は、私が1月に訪れた、パリの最新レポートを発表させていただきました。

そして、セミナー終了後は、いつもの通り懇親パーティーを行い、情報交換を交えながらた楽しいひと時を過ごしました。

『Lif/Lin リネンカーテンフェア』は3月20日(月)まで開催しております。

是非この機会に、弊社ショールーム Prime etoffe に足をお運びくださいませ。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Paris Decooff 2017

Paris Decooff 2日目

左岸にある会場を廻りました。今年の左岸の会場は昨年より広範囲の地域に広がり70以上のブランドが出展しています。

その全てを廻ることは難しいので、弊社とも関係があるところに目星をつけて行くことにしました。

フランスのリールに本社を構えるCASAMANCECAMENGOのショールーム

私の滞在しているアパートからもすぐ近くで朝一番で訪れました。

スパイシーなゴールドのジャガードと深みあるブルーグリーンを合わせています。

こちらは イタリアンブランド DEDAR

ピンクと黒のコントラストが映える幾何学柄。クラッシクであり新しい

老舗のイギリス壁紙ブランド Cole&Son

アフリカの伝統と文化からインスピレーションを得たエキゾチックな花の壁紙

オランダのKOBE のショールームのアプローチ。レッドカーペットが期待感を持たせます。

トレンドのブルーにグリーンの差し色。この色のカーペットにこのソファーを乗せる使い方。

背景のエキゾチックなドレープと重なり素敵です。

ZIMMER+ROHDE はパレロワイヤル近くにある常設のショールーム以外にも、今回は左岸にポップアップショールームを構えていました。

昨年 RUBERI のショールームでも見られた床のリノリウムも同柄で合わせて空間に連続性をもたせてその世界観を表現。

オランダのKONINCKは、今年は昨年とは違ってサンジェルマンのメイン会場の中心部にショールムを構えていました。オーナーのNICKとも久々の再会が出来ました。

待望のハンガーサンプルも完成。13本セットで柄も見やすくなります。

イギリスの CLARKE&CLARKE は弊社でも全てのコレクションを揃えているブランドです。

これはヒット作になりそうな花柄の刺繍生地

使いやすいリネンライクなポリエステルのコレクションLINOSは、新配色で出ています。

イギリスのROMOグループBLACK edition はとても素晴らしかった。

洗練されたラグジュアリー感が漂います。

アジアを代表するタイのJIM THOMPSON の動物に見たてたウインドウはいつも楽しませてくれす。

オリエンタルエキゾチックな刺繍のファブリック

イタリアの高級ウールで知られる LORO PIANA INTERIORS

華やかな色彩が特徴的なフランスブランド MANUEL CANOVAS

庭園をモチーフとしたプリントは、絵画のように使えます。

アメリカンブランド LARSEN

コットンサテンのエンブロイダリーはシックにもモダンにも使えそうです。

スペインブランドの ALHAMBRA も今回はDecooffに登場。今年は5つのコレクションを発表。

ベルベットにデジタルプリントはモダンなラインに。シアーもお勧めです。

イタリアンブランドの大御所 RUBELLI はディスプレイこの配色

イタリアらしいゴージャス感漂うトレンドグリーンのダマスク柄のチェアー

イギリスの OSBONREN &LITTLE は日本の文化をモチーフとしたファブリックを発表。

枝にとまっているいるインコが今回のキャラクターです。

オズボーンらしいダマスク柄のジャカード生地。

改めて個別にプレゼンテーションを受けたブランドをご紹介します。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Bisson Bruneel

パリ4区 マレ地区にあるヴォージュ広場にあるルイ13世の時代の建物です。


この建物の中に目指す BissonBruneel のショールームはありました。

   

Paris Decooffには出展しておらず、日本にはまだほとんど紹介されていないブランドです。


中庭は中世の歴史を感じる幻想的な雰囲気です。

この中庭の奥に BissonBruneel のショールームはあります。

BissonBruneelはフランスのリヨンに本社を構えるファブリックブランドです。

主に、麻やウールなどの天然素材を使ったモダンなファブリックを発表しています。

ルイヴィトンなどの高級ブランドに使われ、フィリップ・スタルクなど、世界中のメジャーなデザイナーが、モダンと言えば BissonBruneel を使う程なのです。

デザイナーのJeromeさんに新作の説明をしてもらいました。

これは、アバカやラバノといった植物を使い、ナイロンなどと織り上げたものです。

配色も今年のトレンドカラーのグリーンをちゃんと取り入れています。

これは、様々な素材やテクスチャーの生地に機械刺繍されたもの。

一本だけのラインで入れたり、自由にデザインが可能です。

これはウールのコレクション。ドレープ性が素晴らしく、色の配色のセンスも抜群です。

これはリバーシブルのリネンの生地。

切り替えしのステッチをカバーする為、バイアステープをいれることで両面からの見た目も美しく、それが一つのデザインになっていてとても参考になります。

これも薄手のウールのコレクション。

椅子の張り生地も充実。イタリアの高級ブランドの家具にも採用されています。

アバカなどの硬めの素材は、シェードなどのスタイルにします。

メカはサイレントグリスにも対応。

透けてリングテープが見えないように工夫されています。

ロールスクリーンにも対応可能です。

商談の後、スタッフと一緒にランチもごちそうになりました。

サンプルの入荷が待ち遠しいBissonBruneel です。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Paris Decoff 2017

Paris Decooff いよい初日です

まずは右岸にあるHOLESの会場に向かいました。

HOULESは、タッセルやフリンジなどのアクセサリーを多く扱うフランスのブランドです。

クラシックスタイルのタイバックがまた復活して人気です。

昨年は発売されたリネンのコレクションの売れ行きが好調だそうです。

去年は、どうしようか迷っていたのですが、今回は新作のタイバックのコレクションも含めてサンプルを沢山オーダーしました。

日本に入荷次第改めてご紹介します。

メール通りのウィンドウでひときわ目を引いていたのがこのJABのディスプレイ

イタリアをテーマにしたJAB GARADEZZAのドレスにCHVASSOの壁紙に赤のベルベットが映えます。

そしてもう一つは、ホワイトを基調としたコレクション。

7年前に発売したシリーズ第2段。原点に立ち返るがテーマとのこと。

無地では、ポリエステルシャンタンの広幅の色展開。これ使えます。

ちょっと写真がかぶっちゃいましたが、光沢感のあるベルベットもとっても滑らかで素敵です。

 

SAHCO はこのイタリア製のジャガード。シャネル風ツイードと合わせます。

今年の展示はちょっと簡略された感じの中で目立っていたのが、ウルフモーリッツのシアー。

クラッシュの生地にピンクのプリントのクグリーンの部分は織で表現されています。

クリスチャンフィッシュバッハFISBAは、トロピカルなプリントが印象的です。

クッションなどのアクセサリー類も充実。

ポルトガルブランドALDECO。昨年よりもずいぶん落ち着いた感じ。

PIERRE FREYは本当に毎回魅せてくれます。

ジオメトリックな壁紙。

中国のからインスパイアされたパッチワークのこの生地はすごいインパクトです。

デザイナーズギルドは今年から新しくなった右岸のショールームでプレゼンが行われました。

相変わら華やかなフラワーモチーフのデジタルプリント

シノワズーリーも何年か欠かせないモチーフです。

各社ベルベットが発表される中でこのポリエステルベルベットはしなやかさ抜群でいい感じです。

値段もお手頃だそうで、カーテンに仕立てたら美しいドレープが表現できそうです。

Sanderson は、イングリッシュガーデンをテーマとしたサンダーソン得意のプリントと刺繍のコレクションが充実。

プレゼンの中でパイナップルの柄が出たとたん、日本人のギャラリーの中から笑いの声が・・・

この後、ピコ太郎のPPAPのYouTube から流れる音楽が、ショールーム中に・・・

さすがピコ太郎 (^^♪

時差ボケに苦しむ夕方の時間帯を何とかクリアーしました・・・

この次は左岸のショールームをご紹介します。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

インテリアショップ

Paris Decooff の開催は明日からなので、今日はパリのインテリアショップを見に行くことにしました。

パリ市庁舎近くにある Le BHV Marais は、機会があれば必ずチェックしています。

世界中の高級エディターのコレクションが勢ぞろいしています。

照明売り場も充実。 こちらのシェードはなんと羽毛で出来ています。

こちらは、好きな色のボールを君合わせて作ることができます。まるでお菓子のよう。

 

こちらは、北マレ地区にある人気のライフスタイルショップ Merci です。

一度行ってみたかったので早速訪れてみました。

アパレル、インテリア雑貨、家具から書籍まで天井高のある広々とした空間の中に素敵に並んでいます。

オープン階段を上がった2階の家具コーナー

パーソナルチェアもラスチュックにパッチワーク

素朴さとあたたかみを感じながら洗練されたデザイン

2階の奥のコーナーで、日本でも人気のSCRAPWOOD WALLPAPER を見つけました。

しばらくぶらぶらと見ていたい素敵なセレクトショップです。

夕方からアムステルダムに在中でパリに来ていた友人と待ち合わせて、行きつけのレストランへ・・・

ここは地元の人も通うリーズナブルなフレンチ。 お勧めです!

 

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

パリのアパート

 

滞在しているアパートの室内です。この部屋のオーナーはパリジェンヌ。

友人にしか貸さない部屋を1週間ほどお借りすることに。

古い建物ですが、最近リノベーションされて、洗練されたインテリアで設えれれています。

壁面の古材はそのまま生かしてアクセントに。

 

窓から見下ろす景色もパリらしくて素敵です。

ジェイコブ通りは、インテリアショップやギャラリー、老舗のレストラン等が連なる素敵な通りです。

そう、ここは明日から始まるParis Decooff の会場の中に面しているのです。

素晴らしいロケーションで、充実した滞在が送れそうです。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Paris2017

今年もパリにやってきました!

今回滞在するのは、左岸のサンジェルマン・デ・プレにあるB&Bアパートメントです。

毎回、知人の紹介で知合ったフランスの友人にアテンドしてもらっています。

通りに面した重厚な玄関を抜けると中庭があるスタイルです。

このらせん階段を上った5階のの部屋です。

スーツケースを階段で上げるのは、女性では一苦労ですね。

 

 

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

ノッティング・ヒル

久しぶりの休日の午前中。録りだめていた映画を見ました。

notting_hill

イギリスのロマンティック・コメディ映画 「ノッティングヒルの恋人」 

ジュリア・ロバーツ&ヒュー・グラント共演のラブ・ストーリー。有名ハリウッド女優と平凡な男の恋の行方を、ユーモアたっぷりに描く1999年に放映された映画です。

華やかなハリウッド女優を演じるロバーツと、どこか頼りない青年に扮したグラントがハマリ役です。ウェストロンドンにある平凡な街“ノッティングヒル”。そこで小さな本屋を経営するウィリアムの店に、ある日偶然ハリウッドスターのアナ・スコットが訪れる。互いに運命を感じた2人は、やがて恋に落ちるが・・・ という皆さんもよくご存じストーリー。

movie2

ヒュー・グラントが出演してるだけで面白そうな映画だってことは解っちゃいますが、私が好きなのがグラント演じるウィリアムの奇妙な同居人、スパイク。こいつがめちゃくちゃ面白い。(^.^)

まさに私たちの世代にはドンピシャの大好きな映画なのです。

そこで、昨年の秋にロンドンをを訪れた時に立ち寄った、この映画の舞台となったノッティングヒルという街のことを書こうと思います。

DSC03863 (4)_800

アニースローンチョークペイントの25周年アニバーサリーイベントに出席した後、他の参加者の方たちと別けれて、一人早朝のバスでロンドンに入りました。

まだ早朝の9時頃にロンドンに着いてしまったのでどうしようかなぁ~と思っていた時でした。

そんな時、目的地のパディントンに着く前に停車したノッティングヒルのアナウンスを聞いて、どうしても歩いてみたくなってしまったのです。

DSC03852 (4)_800

重いスーツケースをゴロゴロと転がしながら歩きます・・・。

でも、あの「ノッティングヒルの恋人」の舞台となった街ってどうな感じだろう?と期待感は膨らみました。

DSC03858 (4)_800

ノッティング・ヒル(Notting Hill)はロンドンの西部に位置します。

そのメインストリートとなるのが、アンティーク・マーケットとして有名なポートベロー・ロード。

DSC03851 (3)_800

ノッティング・ヒル・ゲート駅に近いほうには、アンティークや古着、雑貨などのお店が並びます。週末には路面には屋台)も出て、早朝なのに結構な人出です。

DSC03869 (4)_800

たくさんの人でにぎわうマーケット。ロンドンらしくない、カラフルな外壁が楽しい雰囲気です。

DSC03870 (4)_800

映画に出てくる本屋さんを探してみたのですがなかなか見つかりませんでした。

後から知った話ですが、あまりに訪れる観光客が多いので、建物のオーナーが外観を変えてしまったそうです。 残念・・・

DSC03877 (3)_800

 南北に長いポートベロー・ロードですが、ノッティング・ヒル・ゲートに近い南側にはアンティークや古着、雑貨のお店が多く、北のほうに進むにつれて、野菜や果物、オリーブ、チーズなど、食べ物のストールが増えてきます。

DSC03876 (4)_800

ちょうどその分かれ道の標識には、「こっちから先はアンチィーク街ではありませんんよー!」的な案内が出ていました。

DSC03886 (3)_800

レストランのファサードには色鮮やかな花のオーナメントが。

DSC03880 (3)_800

映画全体を通してポートベロー・ロードの様子は出てきますが、中でも印象的なのが、映画の後半、傷心のウィリアムが、マーケットを歩くシーンでしょう。ウィリアムがひたすら歩くだけなのですが、周囲のマーケットの様子が微妙に変わっていく、あのシーンです。季節の移り変わりと時の流れ、そしてウィリアムのアナに対する想いが、美しく表現されていましたね。

DSC03888 (3)_800 

マーケットの活気あふれるポートベロ・ロードから、ほんの2ブロックも歩けば、そこは別世界! マーケット通りの喧騒がウソのように、静かでエレガントな住宅街になります。

DSC03893 (3)_800

DSC03897 (3)_800

ノッティグ・ヒル界隈は、ロンドンでも有数の高級住宅街で、この辺りに住んでいるセレブも沢山いるそうです・・・。

11084652_1638677786391853_1468041488_n

そして最後に、この映画のラストシーンで流れるエルビス・コステロの「SHE」を是非お聞きください!

泣けた~・・・ ( ^^) _U~~

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

LINDSAY ALKER  (リンジ-・アルカー)

イギリス発 LINDSAY ALKER (リンジー・アルカー) のコレクションサンプルが入荷しました!

images  lindsayalker

ファッション及びインテリアのテキスタイルデザインを手がけるイギリス出身のテキスタイルデザイナーLINDSAY ALKER

1534247081_l

TOM FORD,CALVIN KLEIN,RALPH LAUREN,CHRISTIANLACROX,CACHARELなど 著名なヨーロッパブランドにもデザインを提供してきた彼女が満を持して発表したプライベート・レーベルです。

IMG_1832 IMG_1834 IMG_1835

ウィリアムモリスが主導した、アーツ・アンド・クラフト運動からインスピレーションを得たデザインも多く、モダンな幾何学柄と調和し、新しい伝統の美学を生み出しています。

12965752_1677094002564443_1726338044_n

その製法は手作りの版によるシルクスクリーンです。模様に不揃いなところがありますが、それが独特の風合いとなります。また、手作りのため全く同じものはできないということも魅力のひとつです。

コットン・リネンをベースとしたプリントのコレクションは国内在庫品として3柄10色の展開。

147cm巾 ¥7,800/m となります。

ちょっと背伸びしたガーリーなお部屋にもマッチしそうなLINDSAY ALKERの新作に 今ご注目です!

 

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

Lif/Llin(リフリン)の取り扱い始めました 

pagetop_img 6d7b978a2c3e9fecfdeda2daa7c587ff

リネンのカーテン Lif/Lin (リフリン)の取り扱いを始めました。

リネンとはフラックスと呼ばれる植物の茎を原料とする麻の種類のひとつです。

麻の種類にはヘンプ(大麻)、ジュート(黄麻)、ラミー(芋麻)・・・だいたい20種類くらいありますが、フラックスは 夏のはじめに青く美しい花を咲かせるフラックスという植物の茎から生まれます。

日本では、リネンは夏の素材という認識が強いですが、ヨーローパでは、麻は通年 高級素材として扱われ、生活に根付いています。

また、リネンは非常に強度が強く、コットンの2倍、ウールの3倍もの耐久性があり、さらに濡れると強度が2倍になるという性質のため、大事に使えば数十年はもちます。

防カビ、防虫性に優れているため、雑菌が繁殖しにくく、臭いもつきにくい。繊維に含まれるペクチンの効果で汚れが付きにくく、付いても落とし易いという性質もあります。

slide6

Lif/Lin のコレクションは世界有数の産地である東欧や南アジアなど各国から輸入されています。また輸入するだけでなく産地への生産指導や日本品質に合わせた生産の管理も現地との協業により行っています。

デザインや色調に関しても日本人の感性に合わせて産地と共に制作し日本の住宅に合うようシンプルナチュラルなデザインや北欧のデザインをベースに作られているのです。

IMG_1092 (1)_800

先日早速、自然素材が内装仕上げ材として使われたお宅に収めさせていただきました。

掃き出し窓はカーテンのレギュラースタイルにして、ベンチの小上がりがる窓にはツインシェードに仕立てました。

IMG_1094_800

最近の住宅には、内装材に無垢のフローリングや珪藻土、天然由来の塗料などを使うエコ住宅が増えていますね。

IMG_1410 (2)

こりらはまた違う物件でお納めした刺繍のタイプです。

ナチュラルなインテリアにリネンのカーテンはとてもよくマッチします。

海外にブランドにはリネンをベースとしたコレクションが沢山ありますが、それらに比べてリーズナブルな価格も Lif/Lin の魅力の一つです。

DSC05074_800

プレーンなものも良いですが、カラーを取り入れたり、刺繍が施されたデザインでアレンジしてみたりして新しいリネンの使い方をインテリアとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉