お客様からクリスマスプレゼント♪

本日取り付けに伺ったお客様から、
可愛いいプレゼントを頂きました。

ふふふ。

開ける前からワクワクする、可愛いい箱。

ふと横を見ると、ちょっと怪しげな雰囲気の小人も!

そして、中からは・・・次から次へとお菓子が登場!

嬉しいプレゼント、本当にありがとうございました!!

先日、友人から
“ブログ見てると、なんかいいお客さんが多いよね~。”
と言われ、改めて気づきました。

本当に、お客様に恵まれた1年だったなぁ・・・と。

どのお客様とのお打合せも楽しく、毎回納品時には、
終わってしまったなぁ~と、寂しい気持ちになりました。

1つとして同じお宅も、同じカーテンもなく、
お客様から教えて頂くことも、大変多かったように思います。

皆様、本当にありがとうございました。

素敵なご新居と美しいカーテンで、楽しいクリスマスをお過ごし下さい ♪♪♪

そして、来週や年明けに納品のお客様、素敵なカーテンが仕上がります
どうぞ、楽しみになさっていて下さい ♪

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

カーテン生地をおしゃれに節約。

2回続けて、生地のお話をしてきましたが、
今回は、おしゃれに仕上がる上に、生地代が少し
節約できるかもしれない方法です。

前回と同じ、

巾2m20㎝×高さ1.8m のカーテンについて考えてみます。
生地は、1m¥5,000 巾140㎝ 無地 です。

この場合、2倍3山で仕立てる場合、縫い代をも入れると、
横幅は4.6m必要です。

ということは・・・
巾140㎝の生地を3枚つぎたすと、4.2m

あと、40㎝足りません。

ということで、もう1巾足して、140㎝の生地を4枚つなげます。

そうすると、全部で5.6mとなり、1mも余分が出ますが仕方ありません。
横幅の足りないカーテンを作るわけにはいきません。

しかし、仕方がないといっても1巾増えるということは、
かなり価格に差が出ます。

巾2m20㎝×高さ1.8mのカーテンですと、1巾は2.2m必要です。

もし、輸入の、1m1万円以上する生地を気に入って下さっていたとしたら・・・
¥22,000以上のUPとなります。

ここで、ひと工夫です。

最後の1巾は、別生地を入れてみるのです。
両サイドにボーダーを入れたり、バランスを考えて柄の違うものを
つなげたりします。

こんな感じで。

そして、こんな感じで。
(これはつながってませんね。 1つのレールにモノトーンと
 黄色いカーテンと2枚かけてますが、これをつなげて1枚に縫製するのもありです。)

別生地を合わせることで、一層華やかになったり、大柄を落ち着かせたり
という効果もあります。

そのうえ、価格が下がればいうことありません。

しかし、最大の条件は、合わせる生地の価格を抑えなければいけないということ。

当然これも、私が考えたのではなく専門店やコーディネーターであれば、
皆、考えています!

両サイドに入れる場合など、縫製代が少し割高になることもありますので、
おしゃれにお得になるよう、専門店でじっくりご相談下さい。

下部切替なんてのもありますよ。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

カーテン生地の使い方 2倍か1.5倍か。

前回に続き、今回もカーテンの生地の使用量について、
ご説明させて頂きます!

オーダーカーテンは2倍三山が標準、とご説明させて頂きましたが、
それ以外にも色々な選択肢があります。

1.5倍2山 レール巾+ゆとり分の1.5倍の生地を生地を使い、2山につまんでヒダをだします。

ワンタック 1.3倍~1.5倍程度の生地を使い、上部は1つまみだけつまんで仕上げます。

フラット 上部はつままず平らなままで、ひだを取らず仕立てます。

今回は、計算結果が分かりやすいので
巾2m20㎝×高さ1.8m のカーテンについて考えてみます。
生地は、1m¥5,000 巾140㎝ 無地 です。

2倍3山の場合は、8.8m 生地が必要です。
これは、縫い代を含め、巾140㎝×2.2mの長さの生地を、
4枚つないで、カーテンを作るということです。

では、1.5倍2山ですと・・・これは6.6mで足りるのです。

2.2m×1.5+20㎝(縫い代)=3.5m
3.5m÷1.4m=2.5

となり、巾140㎝×2.2mの生地を、3枚つなげばカーテンが仕上がるというわけです。

ワンタックやフラットにして、1.3倍で仕立てても同じです。

ということは、2倍3山だと、生地代は 4万6千200円(税込)
1.5倍2山だと、3万4千650円(税込)となり、生地代は 1万1千550円 変わります。

これが、1窓だけでなく、何箇所もあれば大きな違いとなります。

1m5千円 の生地ではなく、1m1万円以上するような生地であれば???
これまた、大きな違いとなります。

だからといって、なんでもかんでも1.5倍やワンタック、フラット等に
すればいいというわけではないのが、悩ましいところですが・・・。

オーダーカーテンの基本が2倍3山なのは、やはり、それだけの分量の生地を
使って仕立てると、ひだの波も美しく出て、仕上がりも豪華に優雅になるからです。

クラシックな雰囲気のものや、薄手の柔らかい無地、
また、人気のウィリアム・モリス等は、是非、2倍3山で仕立て頂きたいなぁと思います。

これは、家具やお部屋の雰囲気によっても、変わってきます。

ただ、大柄のものや、北欧系の明るく爽やかなプリント生地は、2山やワンタック、
またはフラットで、ひだを少なめに仕上げても、柄がはっきり出たり、
軽い雰囲気に仕上がって素敵だったりもするのです。

当然、上のような計算は私が考えたわけではなく!
どのコーディネーターもカーテン屋さんも、メーカーも、
皆やっています。

ですので、もし、素敵な生地に出会って、少し予算オーバーだなぁ・・・
と思った場合でも、是非諦めずに、カーテン屋さんと相談してみて下さい。

ちょっとした工夫で、お好きなものが作れるかもしれません。

次は、また別のちょっとした工夫をご紹介してみたいと思います。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

カーテンはなぜ高いのでしょうか。

ブログの存在を忘れてしまうほど、さぼってしまいました。
すみません・・・。

このお仕事では、年末は3月のお引越しシーズンの次に忙しい、
いわゆる、繁忙期となります。

新しいカーテンで、気持ちよく新年を迎えたい!という気持ちは、
皆さん、同じですよね。

子どものころ、母が、年末に一生懸命障子の張替えをしていたのを
思い出します。

ということで、年内納入のお仕事の目途がたち、
少し気持ちに余裕が出てきましたので、ブログのことを思い出しました!

久しぶりのブログ、さて、何をかけばお客様の役に立つのだろうと、
改めて考えてみました。

そこで、真っ先に思いついたのは、オーダーカーテンの価格についてです。

お見積りをすると、結構な価格になり、お客様に驚かれることもあれば、
私自身、うーん、結構いってしまったな・・・と頭を悩ませることもあります。

また、先日、高級オーダースーツのお仕事をしている男性から、
“カーテンってなんであんなに高いの?” と聞かれました。

カーテンとスーツの違いはあれど、同じ、生地を使ってものを仕立てる
お仕事の人ですら、そう思うのですから、お客様が不思議に思わないはずがありません。

そこで、ざっくりとではありますが、カーテンの価格についてご説明させて頂こうと
思いました。

まず、今回は生地について。

1.8m×1.8mの(いわゆる一間といわれる)窓に、真中から分かれている
両開きのカーテンを作る場合、どのぐらいの生地が必要でしょうか。

ドレープと呼ばれる厚地カーテン用生地の場合、最も多いのは、
巾が、140㎝前後のものです。

また、デザインが素敵だな、いい生地だなと、すぐ目に付くものや、
人気の生地は、1m ¥4,000~¥5,000 ぐらいからが多いと思うのです。
(これは、あくまでも私の感覚ですが。)

勿論、1m¥7,000や¥8,000する少し手の込んだもの、1万円超える素敵なもの、
輸入生地にいたっては、1mで2万円、3万円するものも普通にあります。

そこで今回は、 1m¥5,000 巾140㎝ 無地  の生地で、
計算してみようと思います。

ここで、柄のない無地というのも、ポイントです。

まず、横幅が1.8Mの窓に巾1.8mのカーテンを作ってしまうと、
ぴっちぴちになってしまう為、ゆとり分を計算します。
メーカーや販売店によっても違いますが、ゆとり3%といわれることが多いので、
1.8Mの3%で、+6㎝

ということで、カーテンは、 巾1m86㎝×高さ1.8m とします。

通常のオーダーカーテンは、2倍3山が基本です。
これは、生地を2倍使って、3山のタックを取ってひだを出します、ということです。

縫い代等、細かい計算を長々書くのも申し訳ないので、
ここで答えに飛びますと・・・

横1.8m×高さ1.8m の窓に、1m¥5,000 巾140㎝ 無地 の生地で
カーテンを作る場合、

生地は、

6.6m 必要なのです!

結構使うなぁ・・・と思われないでしょうか?

私は、数字にあまり強くないので、計算する度に、
おおっ、こんなに!! と、驚いてしまいます。

ということで、生地代だけで、 3万4千650円(税込) となります。
これに、縫製代、送料その他がプラスされてくるのです。

最近の住宅は、壁一面に窓があるお宅もあれば、出窓や、
小窓が連なってる場合等、上記で計算したような大きさの窓は、
少ないでしょう。
高さも、マンションは特に2m越えが多いように思います。

そうなると、生地はもっと必要となります。

また、無地というのがポイントと書きましたが、
これが柄物になりますと、柄あわせというのが必要となります。

柄をあわせる為に、余分に生地が必要となるのです。

カーテンは、ひだを取って、波打たせて窓にかかっているので、
ちょっと見ただけでは、こんなに生地を使っているとは
思えないのではないでしょうか。

このブログを読んで、私のように、おおっ、そんなに!!と思われた方が、
いらっしゃると確信しています。

ということで、次回は、生地をどうやって上手に使うかを書いてみます。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

新作発表会 -ROMO- チンツ

前回ご紹介した、ROMOのナチュラル感とは正反対の、
光沢テカテカの、チンツシリーズのご紹介です。

ご覧のとおり、カタログもピカピカ!
まぶし~。

チンツとは、生地にノリやロウをつけ、圧力を加え、
光沢をつけた生地のことですが、私はチンツというと、
あの、高校生の時の男子のズボンのお尻が浮かびます・・・。

3年間はきまくり、お尻と椅子の間で圧着された男子のズボンは
テッカテカでしたよね。

誰が教えてくれたのか、私は昔っからあれを(チンツ)と思っていました。

社長にそれを言ったら、(あ~、ナチュラルチンツね。)と。
うまい。

勿論今回は、ナチュラルではなく、高級感溢れる美しい光沢です。

写真はモノトーンですが、鮮やかなカラーもあります。

メタリックなものや、近未来的なテカテカしたものは、広範囲に使うと
ゴージャス過ぎて疲れてしまう、という方もいらっしゃるでしょうが、
(私はそうなんですが・・・。)少しだけ、カーテンの一部や、小物で入れると、
ぴりりと効いてくれます。

うなぎの山椒?

のように使ってみたい生地でした。

ケーキのいちご
サンドイッチのパセリ
しゅうまいのグリーンピース
ネイルのスワロフスキー

止まらないのでやめておきます。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉