TOSOロールスクリーンと三銃士 3

ということで、ロールスクリーンのデメリットは
前回ご説明した通りですが、もちろんメリットも。

『こごまま様』も完成後に喜んで下さいましたが、
シェードと違い、上げた時に上部で生地がたまることがないので、
大変すっきりと納まってくれるのです。

ということで、メリット、デメリットをご理解頂いたうえで、
三銃士のため(?)にも、いたずら出来ないロールスクリーンで、
生地選びを。

国産のスクリーンで、大手メーカーとして有名なのは、
TOSO、タチカワブラインド、ニチベイの3社です。

もちろん、それぞれの特徴や多少のメカの違い、
価格の上下もありますが、家電ではなくインテリアなので、
もうそこは、 お客様好みの生地があるかどうか! の違いでしかありません。

・・・と、私は思っています。

これが、海外メーカーと国内メーカーになりますと、
在庫や、メカの構造、アフターケア等、違いが大きいこともあるのですが・・・。

ということで、『こごまま様』が気に入られたのは、
TOSOの生地。

レースはこちら。
遮熱効果はないのですが、この花柄を大変気に入られ、こちらに決定。

ヒュージ_フラワー・マルチカラー_TR-2177-L14000444

反対に、こちらの厚地には、遮光機能(←遮熱とは違います) がありますので、
40度近い真夏など、窓の途中まで下げてお出かけ頂けば、
お部屋に入る太陽光を遮り、三銃士を暑さから守ってくれます。

コルトシークル_カーマイン_TR-8472_TR-8372_TF-4472_TF-4372_TP-4220_TP-4224_TS-8372-L10000593

そして、いよいよ取り付けの日。

IMG_5546

『こごまま様』には、お打合せの度に毎回大笑いさせて頂いたのですが、
この日も、凄腕の職人さん(別名小林さん) を眺めながら、そして、
三銃士の不思議そうな顔を楽しみながら、終了まで散々笑わせて頂きました。

IMG_5555

さて、隙間が大きくなってしまうL字の部分ですが、
少しでも軽減されるよう、片側は、レース、厚地ともに逆巻きにしました。

IMG_5552

スクリーンの生地が、メカ(=芯)の向こう側に落ちるのではなく、
手前に落ちるのが逆巻きです。

小窓チェーンメカ_逆巻き仕様タイプ_閉-L14000484

そして、このL字部分のサイズを出すのが、私にとって最大の難関なのですが、
今回は、本当に無駄なく最小の隙間になるよう納まってます!

IMG_5549

ブラボ~♪

なぜならそれは、凄腕の職人さん(別名小林さん) に採寸に入って頂いたから!

そう、お部屋全面を覆う大窓、
なおかつ、L字、
なおかつ、隙間を最小限にして納める・・・には、

1cm間違っても命取りになると思い、
1人での採寸が不安だった為、事前に見て頂いたのです。

この、大型のL字窓の採寸が、私には最大のネック。
もっと、学ばねば。

それはともかく、あれよあれよという間に取り付けが完了しました。

レースの様子はこちら。

IMG_5547_640

厚地が下りると、またがらりと雰囲気が変わります。

IMG_5562_640

ここで、『こごまま様』が、

スクリーンの間の隙間が、スリットのデザインみたいで
むしろ素敵ですね!と、言って下さいました。

確かに!!

この大窓を、隙間なく生地が覆っていたら、
少し息苦しく感じるかもしれません。

よかった~・・・。

さて、今回のお客様『こごまま様』ですが、‟Tonkinese Times” という
猫好きにはたまらないブログを書いてらっしゃいます。

『こごまま様』は、そこでお使いになっているお名前。

そして、なんとこのカーテンの取り換えも記事にして下さいました。
ご趣味のカメラで撮った、私のとは比べ物にならない美しい写真で
ご紹介くださってます。
(2015年3月の記事をご覧ください。)

イケメン三銃士の姿はもちろんのこと、
『こごまま様』のお好きなものがたくさん詰まった、
居心地のよいリビングも、ご覧頂けます!

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

TOSOロールスクリーンと三銃士 2

さて、ここからが本題のロールスクリーンですが・・・

以前ご説明した通り、今回のお客様の『こごまま様』は、
猫さん達にシェードの紐をいたずらされるのが原因で、
カーテンの取り換えをご検討です。

で、その他のご希望は・・・

1、西日が入るのを遮りたいので、カーテンではなく上下に動くもの、
出来れば熱を遮れるレースで。

2、赤系の生地がお好み。

の、2点。

猫さん達のいたずらは、飛びついたり、噛んで遊んだりする紐がなければ、
防止できますので、ロールスクリーンはぴったりのアイテムと言えますが、
ちょっとしたデメリットも。

シェードスタイルというのは、生地を紐で引っ張り上げ、
パタパタとたたんでいくスタイルで、上げ下げするメカの上部表面に
マジックテープで生地を張り付けたものです。

そこで、メカの巾と同じ大きさの生地を付けることが出来ます。

↓ 正面のシェードをご覧頂くと、シェードのメカが全く見えてないのがお分かりかと。

ローマンシェード2013.10表紙-L13000548

そして、2台並べてもお隣との隙間はほとんど空きません。

(全く空かないわけではありません!相手は鉄板ではなく生地ですので、
縮んだり、伸びたり、たわんだり、風に吹かれたりで隙間は空いてしまいます。)

ローマンシェード_シャープスタイル-L07001578

しかし、ロールスクリーンはメカ(=芯)にくるくると生地を巻き付けて
上げ下げするスタイルなので、その芯の部分より、僅かに生地は小さくなります。

マイテック_コンテ_アシアト・ライトグレー_TR-2201-L14000477

ということで、ロールスクリーン最大のデメリット、
それは、隙間が空く!ちょっと目立つほど空く!
です。

外部からの視線や、紫外線が気になる方にとっては、
これは許せない問題でしょう。

マイテックシーズ_TYPE16_マイテックループシーズ_TYPE16_TR-8026_コルト_ホワイト-L10000070

そしてこれがまた、『こごまま様』のお宅のように、
L字型のお窓となりますと、L字部分の隙間はどうしても大きくなります。

~こちらの美しい画像の数々は、TOSOさんのカタログから拝借しました~

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

イケメン‟猫三銃士”のお姿

さて、イケメン三銃士がどんな猫さん達か
さぞ皆さんも、ご覧になりたいでしょう・・・

ということで、
お客様のブログから、お写真拝借しました!

これは、若かりし頃の三銃士。

大ってのが、だいふくちゃん。

中ってのが、もにゃちゃん。

小ってのが、こたちゃん。

SONY DSC

か、可愛い過ぎる・・・、

の、前に!
おでこにキン肉マン風の、大・中・小のあしらい!

いけてます!

私がお会いする度に大笑いさせて頂いた
今回のお客様のご様子が、少しは想像して頂けるでしょうか。

で・・・今のイケメンぶりがこちら。

好奇心旺盛で、私から目を離さず、
三銃士の任務を一番理解しているだいふくちゃん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらのもにゃちゃんは、いつもゆったり、高みの見物。

13b895915d192d37f66785d2eb64e3c1507de947_82_2_9_2

そして、近づいたり遠ざかったりと、
少し遠慮気味に私を観察していた、こたちゃん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆、クール ! 本当にイケメン揃い。

~三銃士のお写真はこちらから ~

そして・・・

IMG_2139_640

完敗です。

負けを認めざるをえないでしょう・・・。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

TOSOロールスクリーンと三銃士 1

まだ、春になるかならないかの3月
レース+厚地のダブルで納品させて頂いた、
TOSOのロールスクリーン。

無機質なイメージのある、ロールスクリーンですが、
美しいサーモンピンクと華やかな柄のレースで、
リビングの雰囲気にマッチした、素敵な仕上がりとなりました。

IMG_5560_640

シェードの紐を、猫にいたずらされ、
シェードが上げられなくなって困っている・・・
というご相談から始まった、今回のお仕事。

初めは、シェードの紐の部分を布で覆うような縫製をして
いたずらされないようにするのは!?等
店長と一緒に色々考えてましたが、
とにかく、直接お会いしてお話しさせて頂くことに。

そこで、お宅に伺ってみると・・・

なんと、そこには イケメン猫三銃士 が。

猫といえば、三毛猫とシャムネコくらいしか分からない私も、
一目でわかった!

この猫は、血統書のある猫だっ!!

そのくらい、とにかく美しい。

薄~いシルバーグレーの身体に、
透き通ったブルーの目。

うちの王子とは正反対の、
しなやかに引き締まった身体。

か、かっこいい・・・。

そう、この美しい猫三銃士は、 “トンキニーズ” という種類の猫さんだそう。

そして、この美しい三銃士に守られているご主人様はというと、
気高いお姫様風・・・

ではなく

これがまた、とにかく面白い方。

そんなこんなで、楽しい打合せが始まりました。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

理解力のなさをさらけ出す。

Prime Etoffe (プリムエトフ)はフランス語でした・・・。

Prime は、英語の Premium の形容詞、
と教えてくれた人から、更なる情報が。

岡本さん、Prime Etoffe はフランス語であってるから。

???だそうで???

もう、何も言うまい。

いや、言えない。

間違えてないことは・・・そう、読み方は大丈夫。

Prime Etoffe (プリムエトフ)

そして、

美しい生地があるお店、というのも大丈夫。

そうそう、生地だけではありません。

壁紙はもちろん、なんとペンキも!
ちょっと他では見られないシャンデリアもあったりします。

ちなみに、いつまでも眺めてしまいそうなこの壁紙は、
アンドリューマーチンのもの。

このブランドはとってもユニークで、
壁紙など、どれを貼っても個性的なお部屋になること間違いなし。

PA253026_640

そして、オランダのアイフィンガーの壁紙は、こんなにキュート。

PC200897_640

PC200898_640

PC200901_640

よし、商品の紹介で、名誉挽回だ!

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉