これまた違う、ナチュラルインテリア

次はM様のお宅。

都心の中古マンションを全面リフォームされて、
無垢のフローリングや、ウォルナットの窓枠、
壁には、小さなお子様の為の
黒板にもなるグリーンの塗料をペイントされて。

お邪魔した際に、「ス・テ・キ~!!」
と思わず声が出てしまった、本当に素敵なお部屋です。

なんでも、黒板の塗料はご主人様が塗られ、かなり大変だったとか・・・。

さて、そんなM様のお宅も、基本的にはナチュラル。
ビンテージ風の革張りソファや、窓辺にアイアンの小物などもあったので、
カフェ風ナチュラル???とでも言う感じでしょうか。

北欧ナチュラルだの、ナチュラルフレンチだの、
ナチュラルは、相当便利な用語なんですね。

それはともかく、お打ち合わせの時には
リビングも、無地のカーテンにしようかなと仰ってたM様。

しかし、玄関からキッチン、ダイニング、リビングと、
全てを大きな1フロアにリフォームされた、広~~い空間だったので、
それではもったいないような気がして、柄物をご提案しました。

ステキな窓枠を額縁のように出して、カーテンを取り付ければ、
柄が映えること間違いなしです。

そして、沢山の柄の中からお選び下さったのがこちら ↓↓↓

IMG_0645 (2)_640

マリメッコのトゥーリです。
なんと、1971年にデザインされたファブリック。

40年以上も、古臭くならずいまだに人気だなんて、
愛され過ぎてる。

このデザインは、透け感のあるレース状のものや、茶色もありますね。

そして、通常この柄は上から下へと枝が伸びるんですが・・・

トゥーリ 通常使い

これを縦横逆にして、この向きでカーテンに。

IMG_0646 (2)_640

広~~い空間の一角に作られた、お子様の遊び場にも木陰が!

IMG_0649 (2)_640

初めに気に入って下さった生地が、
在庫切れだったりもしたので、色も柄も、
本当に沢山悩んで下さいました。

生地が決まってからは、
両サイド切り替えたらこんな感じですー!

トゥーリ両サイド切り替え (2)

などと、イメージ画像をお送りして生地の使い方をご相談させて頂きました。

納品時には、果たして、気に入って下さるものに仕上がってるだろうかと、
それはもう、心臓がキューっとなるほど心配で・・・

しかし!

納品時にはいらっしゃらなかったご主人様から、

“まさに「木」で一瞬びっくりしましたが
部屋が明るくなり、とても良い感じで気に入っております”

と、後ほど感想をお知らせ下さいました。

やった~!~!~!
喜んで頂けて本当によかった!

クッションや小物の雰囲気ともよく合って、
温かみのある、オリジナルなナチュラルスタイルのお部屋になったなぁと、

王子の怪しげな視線をものともせず、

securedownload

1人、ほくそ笑んでみました。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

ナチュラルインテリアのお部屋

ナチュラルインテリアってのは???
と思われる方もいらっしゃるでしょうが、

一般的には、メイプル等の明るくすっきりした木を使い、
色も、アイボリーや白などさっぱりした印象のものを使用したお部屋
・・・と、言われているようです。

でも、すっきりした直線の、明るい木目の家具に、
北欧の鮮やかな色柄のファブリックを使用したお部屋もナチュラルですし、
ナチュラルの表現も人それぞれですよね。

さて、今回のB様のお宅はまさにナチュラルの王道。
明るい色の家具に、ベージュのカーテン、白のソファと
優しく品よくまとめられ、壁には木の枝に小鳥が止まっているウォールステッカー。

とても気持ちのいいお部屋でしたが、そこに何の変哲もない
無地のベージュのカーテンが・・・。

もちろん、お部屋に合ってはいるのですが、

やはり、つまらない。

B様も、「引っ越した時に不動産の方が持ってこられた
カーテンのサンプル帳から選ぶしかなくて・・・。」と仰ってました。

あるある、よくある!

素敵な注文住宅の1戸建て、壁、床、天井、キッチンやバスルームまで
色も素材も、疲れ果てるほど悩まれるのに、最後の最後にカーテンは、
工務店さんが持ってこられる、サンプル帳の中から選んでしまう。

ガーン・・・。

しかも、定価の半額です!なんて言われることも多くて。
それは、心も揺らいでしまう・・・。

もちろん、国内メーカーさんの生地も素敵なものが多く、
そこから選ぶのもありですが、ちょっとだけ使い方を考えてこんな感じに。

IMG_1950 (2)_640

B様にお勧めしたこちらのレースは、フジエテキスタイルさんのエルケーア。
丸い葉のついた木々が描かれていて、優しくて爽やかな雰囲気です。

しかも、その葉の部分の色が抜けているので、
フロントレースで、部屋側にレース生地を持ってくると

下の色が透けて、お好きな雰囲気に仕上げられます。

IMG_1951 (2)_640

B様は、厚地をベージュにして穏やかな雰囲気にされましたが、
これを、爽やかなグリーンや、パキッとしたオレンジにすると、
ナチュラルでも、全く違う雰囲気に。

IMG_1949 (2)_640

ウォールステッカーとの相性もぴったり。
そして、ちょっとレースに飽きたときは・・・

IMG_1957 (2)_640

サイドにきれいに束ねて、厚地の色を主役にすれば
ちょっと豪華な感じにも!

B様も、とても喜んで下さいました。

このカーテンを納品させて頂いたのは、もう、少し前のことなのですが・・・
お部屋だけでなく、食べるものもオーガニック素材を取り入れて、
ナチュラルライフを実践していらしゃったB様、

きっと、今も変わらず、穏やかに暮らしていらっしゃることと思います。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉