お庭が広い都心のお宅。

都心で、庭が広い、
そんな2つの究極な条件を満たすお宅なんて、
今時、皆無・・・

と思ってたら、ありましたー!!

庭師の方が入って、まぁーるく植木を刈ってしまうほどの、
お庭のあるお宅。

今回は、そんなお宅のカーテンを作らせて頂きました。

おおっ?と思うほど、品があって優しい雰囲気の奥様と、
これぞダンディ、といったご主人様とのお打合せです。

私がお会いした時は、お使いになりたい生地や、スタイルのご希望が
ほぼ決まっていたので、あとは、その生地をどのように使っていくかの
ご相談となりました。

まずは、リビングに続く、ダイニングキッチン。

ここはウッドブラインドで・・・というご希望で、
窓枠に合わせた、白いものをお選びに。

少しグレーがかった色味のものと迷われ、
実は私も、真っ白は、少し軽くなりすぎないかなぁ・・・
と、考えに考えていましたが、最終的に、
窓枠が見えるので、窓枠に合わせたほうがいいだろうということで、
白をご選択に。

P7162557_640

ごちゃごちゃ考えていた私も、
取り付けてみたら、白のほうがスッキリ納まったな、
なんて思ってみたり・・・。

そして、リビングはお庭の緑が、シェード越しに透けて見える
ようにしたいと。

それは、もう、ごもっともです!

広くて素敵なお庭を、カーテンで隠してしまうなんて、
考えられません。

しかし・・・

奥様が大変気に入られた、五洋インテックスのタスカーという生地は、
ブロンズ、シルバー、ベージュ系の光沢のある糸の混ざった、ざっくりとした
とても美しい生地ですが、透け感は殆どありません。

IH27701

シャッターがあるので、ドレープは作らず、レースシェードのみということです。

となると、このタスカーはどう使うべきか・・・

ということで、上部の大きな面積は透け感のあるレースで
視界を遮らないようにし、下部にこのタスカーを入れて、
切替えてみるご提案をしたところ、ご賛成頂きその形に ♪♪♪

床や家具とのバランスもよく、また、お庭に面した窓も
足元には、履物等が置いてある場合もあり、
それを見えにくくする為にも、よかったのではないかと。
( ↑ 2個目の効果は、仕上がってから気づいたのですが・・・。)

ということで、リビングの仕上がりはこんな感じです。

P7162570_640

リビングから、ダイニングをのぞくと、こんな様子。

毛利様リビング

家具や、飾り棚の置物の1つ1つがどれも素敵で、
窓から見える、広々とした芝生と緑もインテリアの1部となり、
本当に、居心地のいいリビングが出来ました。

あー、これが自分の家だったら、
窓の前のソファに、タコが出来るほど座ってるのに・・・。

ということで、
次回は、階段の踊り場のお窓をご紹介します!

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

お疲れ ブーツ。

お疲れ様。

とうとう、大好きなブーツにお別れをいう日がやってきた。

P1160032_640

あーあー、もう、自力でまっすぐ立っていられないほど、
こき使ってしまった・・・。

出会ってから11年と10ヶ月。
購入した日まで間違いなく思い出せる、このブーツ。

P1160034_640

そう、あれはイラク戦争の開戦日。

私は、今とは全く違う仕事をしていて、少しだけ、
本当に、ちょびっと、そういった世界情勢に関係のあるお仕事で・・・。

しかし、あの日は素敵な靴屋さんのファミリーセールの日で・・・。
私は、仕事が終るなり、ダッシュでセールに駆けつけ、
        ↑
・・・なんと、この間に、アメリカ軍による攻撃が・・・
        ↓
その後、戦利品を持って、のうのうと、仕事仲間との食事会に到着。

そこで、

「信じられなーい!!こんな日に、セールいってるなんてー!」

と、大笑いされた私は、絶対にこのブーツを買った日を忘れない。
(笑ってくれたことが救いでした。)

そう、あの11年前の3月20日に、信じられないような安価で、
入手できたこのブーツ。
色も形も、皮の感じも、とにかく気に入っていて、
どれだけ履きまくったことか。

イメルダ夫人と違って、私は、靴など2~3足を
代わりばんこに履いて、ダメになったら買い換えるのが当たり前。
お付き合いは、2~3シーズン程度。

しかし、このブーツは、シーズンが終ったら、
クリーニングに出し、修理をし、万全な体制で翌年に備え、はや11年。

が、しかし、
とうとう、裂けてしまった。

P1160036_640

皮にひびも入り、もうそろそろ限界だといっている。

とうとう、世代交代してもらおうと、似たようなブーツを
探しに探したが・・・これがない。
見つからない。

もちろん、同じメーカーにもいったけど、ない。
全然ない。

仕方なく、この辺で手を打つことに・・・

P1160043_640

でも、違うんだなぁ。

色が濃い、ヒールが低い、先っぽの丸みが・・・

あんなに探したのに。

これっ、これっ、これ、これ、これっ!・・・っていう
あの、心にぴったりくる感じがない。

モノとの出会いも縁なんだ。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

軍旗のデザイン・・・の続き

皆様 明けましておめでとうございます!

といっても、もう既に年が明けて10日余りが過ぎ、
明けまして・・・のご挨拶も使いにくくなって来ました。

ついこの前まで、年末だー!師走だー!バタバタだー!
と思っていたのに。
本当にアッという間ですね。

何度反省しても、更新頻度が改善されないブログですが、
今年もお付き合い頂けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、そこで、昨年のネイティブアメリカンの軍旗の生地に合わせた
カーテンの仕上がりですが・・・

まずリビングがこんな感じに。

高橋様1_640

3色を使って、シェードの色を切替えたり、サイドに入れたりして
あまりカチッとした感じでなく、ランダムにお作りしてみました。

吊った直後のお写真で、ソファの後ろのカーテンに、
たたみじわが付いてしまっているのが、大変申し訳ないのですが・・・

リビング全体ではこんな感じです。

高橋様4_640

イギリスからの生地の到着を待ち、
カーテンより少し遅れましたが、
後日、クッションも無事納品させて頂きました。

高橋様35_640

また、ご寝室は、この軍旗の生地3柄を、
ベッドカバーのポイントとして、使わせて頂きました。

高橋様31_640

カーテンは、リビングと同じコットン生地のネイビーに、
サイドをグレーで切替えてみました。

このネイビー、お客様も気に入って下さいましたが
なんだか、とてもよく眠れそうな色ですね。

高橋様24_640

また、黄色がお好きなお嬢様のお部屋は、
ポンポン付のギャザーカーテンで可愛らしく。

高橋様19_640

和室には、シンプルなプリーツスクリーンを
入れさせて頂きました。

高橋様プリーツスクリーン2_640

ご家族を代表して、何度もお打合せにお付き合い下さり、
ご家族皆様の意見をまとめ、次は私の話しをご家族にお伝えしてと、
頑張って下さった、おっとりした雰囲気をお持ちの奥様、
あ~・・・本当に喜んで頂けたかなぁ・・・と思っていたら、

本当にオリジナルの良いものができあっがって、家にいるのも
楽しいです。
カーテンやクッション・ベッドカバーなどなどで、やっぱり
雰囲気は大分かわることがわっかったので、今回高い買い物でしたが、
こだわってよかったです(^^)
また、岡本さんと会ったから、今回のデザインができたわけですから、
ほんとに感謝しています。
主人の好みにあっていてもちろん気に入っていて、
さらに私も娘も気に入ったものでしたから、
ほんとにうれしい買い物でした。
有難うございました(^^)

というメールを頂きました。

あ~よかった、ふぅ~よかった、
本当によかった!

お嬢様がご成長されて、もう少し落ち着いたカーテンを・・・
ということになりましたら、工夫して仕立て直しましょう!

またお会い出来るのを、楽しみにしています。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉