お客様が連れ帰った、マリメッコ。

お店の方針もあり、私達、ホームデコアのコーディネーターの
活動はかなり自由。

イレギュラーな形のお打合せなども、
お請けしやすいかな、と思います。

例えば・・・

私の場合よくあるのが、
結構遅い時間のお打ち合わせや、お電話。

共働きのご夫婦も多くいらっしゃる時代です、
平日の日中にお打合せ出来るほうが、珍しいかもしれません。

また、土日となると、ご主人様がお休みで
そのうえ、小さなお子様もいらっしゃったりして
ご家族でお出かけになることも多く、これまたなかなか
お日にちが合わなかったり。

そこで、お疲れのところ申し訳ないと思いつつも、
お仕事から戻られた、夜7時ごろからお打合せに伺ったり、
反対に、夜の8時、9時といった時間帯に、お客さまから
お電話を頂いたりもします。

お仕事をされてない、専業主婦や、子育て真っ最中の
お客様なども、1日中動きっぱなしの家事や育児が一段落し、
ホッとされるのは、夜中になってしまうんですね。

深夜のメールのやり取りなども、日常茶飯事です。

もちろん、これは私の場合。

当然、コーディネーターも、家族構成や生活環境
そして、性格もバラバラですから、進め方も様々です。

ということで、ホームデコアがいかに柔軟に対応できるかを、
アピールしたところで、今回のお客様。

こちらのお客様も、子育ての真っ最中で、
日中、小さなお子様を連れて、
一緒にショールームを回って頂ける状況ではありません。

そこで、初回のお打合せでご希望をお聞きした後は、
お好みに合うであろう、サンプルやブックをご自宅に送り、
そちらから選んで頂くことになりました。

また、お客様ご自身が、フィンランドへ旅行された際に
購入された、マリメッコの生地もお使いになりたいとのこと。

カーテンにする目的で、購入されたわけではないそうですが、
サイズさえ合えば、是非!

ということで、出来上がったシェードがこちら!

藤木様3

フィンランドからF様に連れられ、はるばるやってきた生地。

遠くの日本で、こんな可愛いいシェードに仕立てられ、
本望でしょう。

さて、この他にも、LDやご主人様の書斎等
素敵なカーテンを作らせて頂きました。

順番にご紹介させて頂きます。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

ニュースといえば。

マグカップのニュースで思い出しました。

ここ数年、他を寄せ付けず
断トツランキングトップの(私の心のランキングです。)
あのニュース。

そう。

キリストのお顔が着ぐるみの猿に!?

いやぁ、これにはやられました。

スペインの小さな(?)街の小さな(?)教会の
壁に描かれていた、キリストの肖像画を、
腕に覚えのある、信者のおばあちゃんが
善意で修復したというニュース。

修復というのは、辞書によると

・・・傷んだ箇所を直して、もとのようにすること・・・

もとのように。

しかし、もとの面影なし!

キリスト画

ゆるキャラもビックリの、宗教感のかけらもない、このお姿!

TVで、このニュースが流れる度に、
私が涙を流して笑うので、旦那さんは呆れつつも、 
(おーい、また、あのニュースやってるぞー。)
と、私が見逃さないように協力。

修復を手がけたおばあちゃんは、全く悪びれる様子も無く、
まだ、“未完成” と言ってたらしいので、

教会はもちろん、信者の皆さん、地元住民の皆さんは
さぞやお怒りかと思いきや・・・

このニュースが世界中で話題になり、
小さな街に、観光客殺到。

確か教会は、入場料のようなものも取り始めていたし、
この絵をラベルにした、お土産のワインも販売していた。

確かおばあちゃんは、著作権料を得て、個展を開いたりもしていた。

想像を超えた、めでたしめでたしの展開。

これまで私には、
“最後の晩餐” の実物を見にいきたい!
などという、切実な目標はありませんでした。

でも、今や、『フランダースの犬』
のネロのごとく、大きな目標が!

死ぬまでに1度は、この修復画を・・・。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

ワールドカップ&マグカップ 2014

終っちゃいましたね。

ワールドカップ。

サッカーなんて、ルールも知らず、
ただただ、本田選手の心意気に惚れて、
南アフリカ大会から、急遽、応援を始めました。

家では旦那さんに、
“Top of にわかファン” の称号を戴くも
めげずに、日本代表の試合は録画までしていた。

(1度も再生されることはなかったが。)

残念無念!

あー、こんな私が、ここまで気落ちしてるのだから、
4年間、負け試合を反省し、怪我を乗り越え、
ひたすら努力を続けてきた
監督、選手、関係者は、どれだけ悔しく思っていることか。

でも、もう、終ってしまったことは仕方がない、
さぁ、前を向こう!

(ま、誰も、私には言われたくないだろう。)

そんな時に、思わず口元がほころぶニュースが
飛び込んで来ました!!

なんと、イギリスのお土産製作会社が、
スモーリングという選手と、オバマ大統領の写真を間違え、
Wカップ用のマグカップを 2,000個製作!

720p-Chris-Smalling-Barack-Obama-500x366

私は、こういうニュースにとても弱い。

笑った、笑った。

その会社には、オバマ大統領の顔知ってる人
いなかったんだろうか。

2,000個も仕上る前に、どこかで気づかなかったんだろうか。

あ~面白かった。

さぁ、お土産さんも前向いて!

 

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

オバQ?あ、猫・・・。

さて、前回ご紹介させて頂いたA様。

ご寝室や、ご夫婦お2人のプライベートルームにも
カーテンを作らせて頂きましたが・・・

この写真が、全て暗い。
しかも、ご主人様のお部屋はお写真なし。

また、私は舞い上がっていたんでしょう。

A様すみません。

よさが全く伝わりませんが、素敵な生地を選んで頂いたので、
ご紹介させて下さい!

まずご寝室は、シンプルなカーテンを
LDと同じ、イタリア製コットン地でお作りしました。

美しく深いネイビーなので、きっと気分も落ち着き
すやすやとお休み頂けることでしょう。

秋山様10

星型のペンダントライトも、とても素敵。

そして、ご主人様の居室は、トラディショナルな千鳥格子の生地で
形はモダンな、シングルシェード。

生地のみご覧下さい(泣)

2013203230L1

奥様のお部屋は、キュートなレモンイエローで
お仕事でお疲れの気分をリフレッシュ出来そうな、
これまたシングルシェード。

秋山様12

雰囲気のある、小ぶりの書き物机も搬入されていました。

全ての家具が入ると、これまたどんなに素敵なお部屋に仕上るのか、
この机を見ただけで、楽しみになります。

さて、素敵なカーテンをたくさんご注文頂き、
浮き足立ちながら搬入している私の目に、
とっても可愛いい、コースターが飛び込んで来ました。

あ!可愛いい!と、思わず声に出したら、
奥様が
自分で作ったんです・・・。
とのこと。

ご飯でも、お菓子でも、手芸でも、とにかく
“手作り” に弱い私。

自分は何も出来ないくせに。

早速、写真を撮らせて頂きました。

秋山様1

(オバQみたい。ウフフ。なんだか和む形。)
と、心でつぶやきつつ、別室の取り付けに進み、
またLDに戻ってきたところ・・・

??? テーブルの先程と変わらぬ位置に、ピタッとコースターが。
しかし、向きが逆に置かれて???

秋山様2

???????????????????????????????????????

奥様が、
「岡本さん、それ、猫なんです・・・。
なんで、さかさまで写真撮られてるのかなぁと・・・。」

あーーーーあーあーあー・・・。

山田君、座布団持ってって!!!

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

カーテンで全てが決まる!

さて、前回のとってもオシャレなお部屋を作られた
新婚さん。

私は、素敵な家具のおかげで、
カーテンの雰囲気を上げて頂いたなぁ~・・・と
ありがたく思っていましたが、
お客様からは、こんなコメントが!!

“例え、素敵な家具をそろえても、結局カーテンですべてが決まる”という信念のもとで・・・

そうなんです、仰るとおり!

山田君座布団持ってきてっ。

こちらの写真で、もしカーテンが、
同じグリーンでも、よくある、テカテカの、
ポリエステルのカーテンだったら???

秋山様3

やっぱり、お部屋の雰囲気は
ガラリと変わってたと思うんです。

それが、例え同じグリーンであっても。

今回お使い頂いたのは、フジエテキスタイルの
コットン100%の生地です。

適度な厚みや、コットン特有の張り感もあり、
アメリカンヴィンテージの雰囲気をもつ家具にも、よくマッチしています。

秋山様8

カーテンは、装飾レールを使って、窓上部から、
ひだを取らず、フラットにおろしました。

上部に1本走る横ボーダーは、
初回お打合せで、スタイル写真をご覧になり、
お二人が気に入って下さったものです。

もともと、一般のお宅に比べ、
天井が高いLDでしたが、ボーダーを高めの位置に入れたことで、
視線が上に向かい、より一層高さを感じます。

秋山様4

また、窓上部につけたレールの高さを、
エアコンの取付け位置と揃えました。

秋山様5

下地などの問題で、全てのお宅でこのように
揃えられるわけではありませんが、
ACとレールの高さが横一直線で揃うと、見た目がとてもスッキリします。

そして、TVとダイニングテーブルの上、同方向に2窓あるシェードは、
バランスを考えて、裾に近いほうにボーダーを入れました。

秋山様9

全部を、カーテンのボーダー位置に揃えるという方法もあり、
迷いに迷ったのですが、少し変化があったほうが
バランスがいいだろうと思い、この形でご提案。

気に入って頂けたようで、よかった、よかった。

ご新築やリフォーム、お引越しの最終段階で、
ご検討頂くことが多いカーテン。

お客様は、増え続ける出費に、力尽きていらっしゃる方が殆どです。

(カーテンの為に、たっぷり予算とっておきました!!)
な~んてお客様にお会いしたことは、正直ありません。

だけど、お引越し計画の最中に、ダイニングテーブルや、
大型テレビを見て回る時に、少しだけオーダーカーテンも覗いて見て下さい。

A様が仰るように、カーテンがお部屋の雰囲気を大きく変えるんですから!

ねっ、山田君。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉