海外ドラマは勉強になります!

私の最大の趣味は、海外のテレビドラマを見ることです。

流行の韓流は、“冬のソナタ”ですら、まともに見たことはないのですが、
アメリカやイギリスの推理モノは、寝てもさめても・・・というくらい大好きなのです。

家で仕事をしている時など、TVの音だけ消して、海外の刑事モノを
流しっぱなしにしていることさえあります。

音なしのドラマを流して、何が楽しいのか???と自分でも思うのですが。

いつも何かをしながら見ていることが多いので、
ドラマから仕事のヒントを!なんて真剣に思ってはいないのですが、
それでも、ハッとさせられることがよくあります。

以前もイギリスの件で書いた、ミスマープルや名探偵ポアロ。

両方とも、1930年代の、第一次大戦と第二次大戦の間に起こった出来事として、
設定されてるようですが、大量生産大量消費ではないこの時代、
金銭的に余裕のある人達は、本当に手をかけて作られた良質なものを、
とても大切に使っていたんでしょうね。

フリンジを豪華にあしらって作ったカーテンや、表(部屋側)が無地、裏(屋外に向いてるほう)
が、バラの素敵な柄の生地で、両サイドにそのバラの花柄が折り返されていたりするカーテン
が出てきたりするのです。

何か、歴史的に有名な邸宅等を使って撮影されているのか、それとも、撮影の為だけに、
手の込んだ、アールデコ調のセットを作っているのか、私には分かりませんが・・・。

で、前置きが長くなりましたが、今回ご紹介したかったのはこちら。

デンマークのミステリー “THE KILLING”
デンマークで、史上最高の視聴率を記録し、国民の3人に1人が見ていたというドラマです。
そして、評判どおり本当に面白いのです!!

が・・・ドラマの内容は、また別の機会にご紹介させて頂くとして、
この写真をご覧下さい ↓

これは、運送会社を経営する夫婦の家のダイニングです。

光がたくさん入る大きな窓辺に、植物や、赤や青のキレイな瓶を飾っていて、
一見すると、ダイニングというより、サンルームのようで、どちらかというと、
というか、どうみてもカジュアルな雰囲気。

そこに、シャンデリアです!

夫婦二人が話し合ってる頭上に、少し小ぶりのシャンデリアが。

もう、これがなんとも素敵で、このドラマを見るたびに気になって気になって。

もし私が、ここに合わせる照明を相談されたら、絶対にガラス素材のペンダント型を
お勧めすると思います。
シャンデリアのようなデコラティブなものは、まず、考えないような気がします。

このカジュアルな部屋に、キッチンのまん前に、シャンデリア。
可愛くておしゃれで、本当に素敵です。

このドラマは、現代のモノで、この運送会社経営のご夫婦も、
あくまでも中流階級の、一般庶民の中の一般庶民です。
作業場兼自宅という設定で、特別な豪邸でもデザイナーズ住宅でも
ありません。

ということは・・・デンマークではこれが日常。これが普通。

さすがヨーロッパ、こなれてますね~。

勿論、照明だけでなくカーテンも同じです。
デコラティブなものも、斬新なものも、もっと肩の力を抜いて、
楽しんで使ってみるといいんですね。

海外ドラマ、結構勉強になります。

・・・おまけ・・・
これは、市長選に出る政治家の会議の1場面です。
政治家の使う会議室ですら、こんな素敵な照明が!

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

モロッコテイスト

1週間ほど前のお休みの日、出先であまりに暑いので、ビールを飲もう!と入ったのが
モロッコ料理屋さん。

お初のモロッコ料理、イタリアンをエスニックぽくした感じでした。

そしてそんなモロッコ料理屋で、お料理そっちのけで夢中になってしまったのがこちら ↓

見て下さい、この可愛いいシャンデリア!

小さいサイズもあります。

違うタイプもあります。
分かるでしょうか、こちらは、ぶら下がっている飾りが少し少なめです。

お店の女性が教えてくれましたが、モロッコはランプの文化で、素敵な照明がたくさんあるそうです。

そして、このシャンデリアにぶら下がっているパーツは、全て自分の好みで選んで、
自分の好きな形に作れるそう。

お店にあったものには、カラフルな色が使われていましたが、勿論、全パーツを、
色のない透明のものにすることも可能です。

おトイレにあったのはこちら。
黒のガラス玉が、まるでぶどうのようですが、これもすごく可愛いい!

特に、カタログがあるわけではなく、お店の方が、年に何回かモロッコへいかれるので、
その際に、こういうのを買って来て下さいと、イメージを伝えてお願いすることになります。

そして、カーテンはこちら。
レースに刺繍と、赤いベルベットでアップリケのようなものが施されています。

裾は、同じ赤いベルベットで切り替えられています。

またまた、先程のお店の女性によると、モロッコは、ヨーロッパと中東、両方の影響をうけてるとのこと。

確かに、ヨーロッパのクラシックと、中東のあでやかさが入り交じっていてますよね。

納得。

こんなビーズのタッセルもありました。

照明も、レースカーテンも、インパクトのあるデザインなので、お部屋に持っていくと、
あっという間に主役になってしまいそうです。

でも、お部屋に合う照明を選ぶのでなく、お気に入りの照明からお部屋の模様替えを始めるのも、いいかもしれませんね。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

バリ辛

私は、とにかく辛いものが好きです。

大好物です。

そばやうどんの類は、お店だと恥ずかしくなるほど七味をふります。

少し食べ進むと、もっと足したくなり、こそこそと2度も3度も足しています。

インド料理屋さんでカレーを頼む時は、必ず 「ベリーホットにして下さい。」といいます。
しかし、それでもキレの悪い辛さのものが出てくるお店があるので、

「ベリーベリーホットね。」

としつこくいいます。

なので、私が食べ初めて少ししてから、インド人の店員さんが

「ダイジョブ?カライヨダイジョブ?」

と聞きにくることが、よくあります。

で、こんな私がスーパーで見つけて小躍りしたものがこちら。

その名も、バリ辛。

すごそうじゃありませんか!

最近は辛いものが流行っているようで、激辛のカレールーは結構販売されています。

辛さ×20倍とか、そういうの。

だけど、なんだか味が足りず、辛くないわけではないのですが、奥深くなく、
ただ辛いだけというか・・・。

しかし、今回は、私の好きなS&Bゴールデンカレーです。
そしてバリ辛。

飛びつきました。

うちの旦那さんは、特に辛いものが好きなわけではありません。

しかし、そこは無視します。

ジャガイモを入れすぎると、マイルドになるのですが、一応
旦那さんのことを考えたりもします・・・
(ジャガイモはいただきものです、ご馳走様です!)

できました!野菜カレーbyバリ辛

・・・・・・・・・・・・う~~~ん~~~・・・・・・・・・・あまい!

勿論、カレーは甘くはありませんが、辛いものに対する姿勢があまいのです。

こんなんじゃダメです。

バリ辛なんてネーミングのものを買おうと思うのは、相当辛いもの好きな人でしょう。

辛口だって、中辛だって普通に売ってるのですから。

その中、バリ辛を買おうというのですから、ちょっとやそっとの辛さじゃ困るのです。

バリバリに辛くないと!

ちなみに、辛いものは、訓練で強くなるそうです。
そんな訓練、人生には必要ないでしょうが、うちの旦那さんは私に訓練され、
随分と辛いものが食べられるようになりました。

いい迷惑でしょうが、実証済みです。

ですので、カレールーの辛さだって、もっともっと進化して頂かないと!!

S&Bさん、よろしくお願いしますね。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

お客様からのメール

ご紹介が遅くなりましたが、先日花柄のカーテンを納品したお客様より、
嬉しいメールを頂きましたので、自慢させて頂きます!

岡本様

ブログ見ました。長いことあーでもないに親身にお付き合いいただきありがとうございました。
他のお店ではここまで親身に付き合ってくれるところはないと思います。
たいした売り上げにならないのに熱心にやっていただき恐縮しております。

カーテンの写真はちょっと画質のいいのが撮れましたのでブログに載せていただければ宣伝になるかな?と思います。

思っていたよりずっとゴージャスで華やかでしかも重厚感があるのが意外でした。
もっとかわいくなるかと思っていたのですが、これは誰が来ても目を引く素晴らしい世界に一つしかない組み合わせのカーテンです!
友達呼んで自慢します。

今度忙しいと思いますが、仕事抜きであくびちゃんに会いに来てくださいね。
あくびちゃんたちがずっと待ってます。

こちらこそ、ありがとうございました!

結局、ご予算オーバーしてしまったにもかかわらず、
本当に、気持ちよくご注文頂きました。
感謝しております。

しかも、きれいに撮れた写真まで送ってくださるなんて。

そうなんです。
私は、本当に施工写真を撮るのが苦手です。
しかも、お客様をお待たせしてる状態で・・・となると、
早く終わらせないと・・・と、あせってしまうんです。

ということで、私が撮るのを忘れたレースカーテンのアップまで
送って下さいました。

よかった、これで皆さんにも紹介できます!

このレース、刺繍が細かくて、可憐で、本当に華やかです。

ついつい嬉しくて、メールを自慢してしまいましたが、
納品したカーテンを、お客様が喜んでくださる瞬間の為に、
このお仕事をさせて頂いてるといっても、過言ではないのです。

是非是非、また、あくびちゃん、みるもちゃんに会いにいかせて
下さい!

これは↓ カーテンが入ってた箱で遊ぶ、あくびちゃん。

この、2匹並んだ様子!なんともいえませんね!!

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

別荘のカーテンを納品いたしました!

以前、ご紹介させて頂いた、クリエーションバウマンの
ピアノの鍵盤模様のレースカーテンを、お客様の別荘へ納品させて頂きました。

ジャジャン♪

こちらです↓

こんな言い方は、バウマンさんに失礼かもしれませんが、想像以上にキレイ!でした。

生地が本当に柔らかくて、肌触りがよく、小さなサンプルで確認したよりもずっと上品です。

ipadで、JAZZ24 という海外のラジオ1日中流されている、音楽好きなお客様。

壁に造った棚には、コレクターが大喜びしそうなレコードがびっしりと納められ
本当にこのカーテンは、お部屋にもお客様にもぴったりでした!

こちらの生地は、幅が3メートルあり、上端から110センチのところより、鍵盤の柄が入っています。

ということは、お客様のお好みと、窓にあわせ、どの部分に柄が来るかを計算できるわけです。

今回は、上のほうには柄が出ず、すっきり仕上げたいということで、
縫い代を計算の上、下部を22センチカットしました。

上部をカットすれば、当然、もっと上に模様がくるということですね。

柄がどこにどのくらい出るかによって、カーテンの雰囲気は変わりますので、
そういったことも、お客様とじっくりお打合せしたいものです。

翌朝、光が射して、風にそよいでるカーテンも素敵でした。
(残念ながら、曇り空でしたが・・・。)

こちらのお客様は、年に数回ヨーロッパに出張され、お仕事の関係で、
海外のファブリックにも精通されていらっしゃるのですが、
このカーテンには大変満足してくださり

・・・お蔭様でイメージ通りの部屋になりました。快適です・・・

というメールを下さいました。

ありがとうございました!

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉