出窓用プリーツスクリーン

さてこちらは、前回、前々回とご紹介させて頂いた、
子供部屋のあるお宅の、和室です。

こちらが、そのお部屋の天井。

子供部屋といい、こちらの和室といい、
本当に、“家を建てるのを楽しみました!”といった感じのお宅です。

なんでも、普段は店舗の設計をされている設計士の方が、
担当されたそう。

そして、ここまで、壁や天井にインパクトがあるのであれば、
窓周りは、すっきりシンプルにお作りするのが一番ではないかと思い、
こちらには、タチカワブラインドのプリーツスクリーンを入れさせて
頂きました。

写真では分かりにくいかもしれませんが、
和紙のような風合いの素材です。
色はチャコールグレーをお選びに。

当初は、レースと厚地が一体になっている、ツインスタイルも
お考えでしたが、それではせっかくの出窓を全て
潰してしまうことになります。

そこで、レースは、出窓の形に合わせて
角度をつけたプリーツスクリーンをお作りしました。

ということで、ここでまたも、タチカワブラインドの
担当Mさんに大変お世話に・・・。

出窓用のプリーツスクリーンは、通常の採寸だけでなく、
角度の計算もして、大きさを決めなければいけません。

昔から数学は一切ダメで、角度だなんだと数学的用語が登場しただけで、
即座に、“無理!”と、思ってしまう私は、
タチカワブラインドのマニュアルを読んでも、ちんぷんかんぷん。

そこで、Mさんに現場に同行してもらい、一緒に角度を測って頂いたのです。
Mさんは、角度計測用の秘密兵器を持って登場!

ということで、サイズもぴったりの出窓用プリーツスクリーンの
完成です。

Mさん、ありがとうございました。

但し、両サイドは、メカの関係でどうしても少し隙間が空いてしまうので、
完璧な目隠しをお望みのお客様には、ちょっとお勧めできないかもしれません。

ということで、お子様のお部屋と和室のカーテンを
作らせて頂いたこちらのお宅、お部屋も素敵でしたが、
何よりも、小さな3人のお子様のお世話で、文字通り
目が回るような忙しさの奥様がとても素敵。

ご飯を作って、食べさせて、遊び相手をして、
散らかったおもちゃを片付けるように促し、その間にはお布団を入れ、
暇を見て今度は夕飯の準備でしょうか、またも台所で包丁の音。

もちろん、ゆっくり座ってる暇など一切ありません!

それなのに、決して声を荒げることもなく、むしろお子様の様子を
楽しんでいらっしゃるような感じも・・・。

取り付け工事を手伝いながら、私は横目でちらちらと、
奥様の様子を見ずに入られませんでした。

私なんて犬一匹でひーひー言ってるのに!
すごい、すごすぎる。
まだお若いのに!!

こんなにお忙しい毎日の奥様が、見てて嬉しくなるような
カーテンに仕上がっていることを祈りつつ、お宅を後にしたところ・・・

その日の夜に、メールを頂きました♪

今日の出来上がりを確認して、とても満足しております。
ブログでも紹介したところ、とても評判が良いです。
赤い屋根のおうち!!素敵です!あのアイディアにはさすがだなあ~と、
本当に感動しましたし、私が今まで感じていた物足りなさは
そういう事だったんだなあと実感しました。
岡本さんという素敵なコーディネーターさんに巡り逢えて、本当に嬉しく思っております。
世界に一つの素敵な素敵なカーテン!感謝しております。

嬉しすぎるご感想です♪♪♪

いえいえ、こちらこそお客様に出会えたことを感謝しております。
お忙しいのに、いつも心のこもったメールを下さるので、
私が癒されておりました。

夢のあるお仕事をさせて頂きありがとうございました。

カーテンの神様にも感謝ですね。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉