色は違えど、おなじ匂いのする空間。

     H様が一番気に入ってくださったのがこのタッセル。
     地味に1本づつ糸をぬいて作った自家製のフリンジタッセルです。
     朝、カーテンを開ける楽しみにも一役買って。脇役ながら侮れません。
ダイニング2
          ダイニングのカーテン生地でお作りしています。
ダイニング1
     リビングではこんな感じです。
リビング1
     リビング・ダイニングには同じ大きさの掃出し窓が3つ。    
     同じ位置に立つと全部の窓が目に入ります。
     けれども、リビングもダイニングも同じ生地にはしたくない。
     どうしたら???
     それなら、ダイニングの生地を使って、クッションカバーと
     タッセルをリビングにも使ってみようということに。
リビング3
     どちらの生地もCLARKE&CLARKEの
     RIBBLE VALLEYシリーズの生地です。
     柄や色は違うけれども、同じテイストの生地同士は
     不思議とお互いになじみ合うものです。     
     
     2階はそれぞれのプライベートルーム。
     
     娘さんのお部屋は、愛され続けるソレイアード。
娘さん1
娘さん2
     息子さんのお部屋はHARLEQUINのロリポップ。
息子さん
     チェックはとてもスタンダードな柄なのに、微妙な線の太さや
     升目の大きさに好みがあったりで、探すと以外にないものです。

     寝室はCLARISSE PRINTSを使ってシェードとカーテンを
     お作りしました。
寝室1
寝室2
     アンティークなデスクライトととても似合っています。
     
     レースはどの窓もカフェカーテンでと、それぞれのお部屋にあった
     生地を選んでくださいました。
     リビングもダイニングもプライベートルームも選んでくださった生地は、
     どれもコットンや麻やウールの入っている生地です。
     
     ダイニングの隣の小窓には、先にブログにUPさせていただいた
     イタリアンフラワーシェルフのカーテンが楽しげにかかっています。

     柄は違えど、色も違えど、どのお部屋もすっかりH様テイストの
     空間になりました。
     

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

タマいくつ?

     棟梁さんも設計士さんも、”いいカーテンだねえ”と
     ほめてくれましたよ。とご報告してくださったE様。
     ほめて下さったカーテンは、幅が3mほどあるのですが、
     撮影時、ダンボールに行く手を阻まれて、こんなですが・・・。
リビング
     CLARKE&CLARKEのRIADです。
     すっきりとモダンなデザイン。
     麻30%のナチュラルな風合いも魅力です。
     レースはこちら。
リビングレース
     RIADドレープは大きな片開と小さな片開きで、
     レースは3分割で仕上げました。
     レールはすでに取り付け済み。
     そこで、分割カーテンに合わせて、タマの移動をお願いし、
     再度、大工さんに取り付け直してもらうことになりました。
     
     レールの部品には後入れランナーというものがあります。
     カーテンフックと数が合わなくて付け足したいとき、レールを
     外さなくても取り付け可能なランナーのことです。
     
     後入れ両マグネットというものもあります。
     マグネットがなかったり、マグネットの数を増やしたいときに、
     こちらも簡単に取り付けることができます。

     E様のお宅では、タマ9コ+両マグ+タマまた9コとやり取り
     をしながら、カーテンのヒダ数ともあわせてお取付けしました。
     
     ちなみにこの”タマ”という呼び名はE様の命名です。
     ”えっと、このレールのタマは・・・”と大工さんに伝えて
     下さっている様子が目に浮かぶようです。
     E様、ありがとうございました!

     

     

     

     

     

     

     
     

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉