フロントレースとバックレースとバウマン

レースのデザインも多種多様になりました。

日が落ちてドレープを閉めると隠れてしまうレースですが、お部屋側に
レースを持ってくることで夜もまたライトの下でレースが楽しめます。

M様は一番に気に入られたレース、ミラーを活かせるようにとフロント
レース仕立てのシェードになさいました。

ミラーはとても繊細な柄で、写真ではわからないのですが、微妙なグラデ
ーションになっています。

244cmと幅広の腰窓は、1台の機械に2分割したシェードをつけるセパレート
仕様。ドレープ、レースとも五洋インテックスの生地です。

2台のシェードをお取付するよりも少しだけコストダウンします。
お隣の小窓は逆に、レースを窓側にした標準仕立てのシェードです。

ドレープは五洋インテックス、レースはスミノエ。
両方の窓をながめてみると、こんな感じ。

お隣の縦長い窓はバウマンのバーチカルブラインドSPECTRA。
4色のスラットを使っています。

そして、お隣はまた同じ組み合わせのフロントレースシェードです。

ぐるりっと眺めるとこんなふう。
ひとつのお部屋に、色の違う、スタイルの違うシェードが並びました。

1Fの小部屋はフジエテキスタイルのアダージョとピクシスの組み合わせで、
ボトムボーダースタイルです。
レースはスミノエです。

もともとは納戸としてお使いのご予定だったお部屋ですが、”何だか居心地が
よくって”と、奥様のプライベート部屋としてお使いになられることに。

アダージョはとても女性らしい柄行の生地です。
生地の雰囲気にあわせてタッセルはスカーフ型にしました。

お忙しい日々のなか、旦那様からもわんぱく盛りの息子さんからもちょっと
離れてほっとひと息。

M様、この度はありがとうございました。

カーテンが”日々のほっとひと息”になればいいな。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です