アルカンターラのヘム

なんのこっちゃですが、
ヘムは、布や洋服の裾やへり、縁のこと。
ラグの縁周りのこともヘムと言ったりします。
RUG1
今回は、ラグのサンプルを拝見しに、ナショナル物産さんの六本木
ショールームにお邪魔してきました。

ラグの縁周りの処理もいろいろあって、スタンダードなかがり縫いから、
レザーやコードの飾り縁など選択肢もいろいろ。色もたくさんありました。
アルカンターラはその中のひとつ。スエード調の人造皮革です。まん中。
RUG3
東レが開発した素材で、日本では”エクセーヌ”ブランド。
欧州の販売拠点としてミラノに設立されたのがアルカンターラ社で、
しなやかな質感を持ち、耐久性や通気性にも優れていることから、
革を多用することの多い欧州の高級車の内装に、本革に取って変
わる高級素材として使われるようになり、普及したのだそうです。
ランチャやフェラーリやメルセデス、日本車にも、多くのメーカー
の車の内装材として使われています。

掃除機に踊るルンバをお使いなら、アルカンターラがお勧めです。
オーバーロックだとほつれが出ることがありますからとおっしゃって
いました。
RUG2
チャコールにピンクとか、黒と白とか、ブルーの濃淡とか、ヘム色を
変えてみると、オリジナリティもあって、プレーンなラグもより一層
楽しめそうです。

アルカンターラのヘム、お勧めです!

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

野花とALHAMBRA

先日、先輩コーディネーターの花展「龍生派130周年記念展」
に行ってきました。

伝統的な生け花作品からオブジェのような作品まで、思い思い
の花がずらりと展示されていて、とっても楽しめました。

コーディネーターの中でも絵や花をたしなむ方は多く、住空間を
楽しむということでは、ファブリック同様、花も身近に手軽に
季節感を演出できるひとアイテムですね。

そこで、わたしも一挿し。
駐車場の脇にポンポン咲いているナガミヒナゲシの花を2本ばかし
拝借して挿してみました。
ALHAMBRA
どや?

背景の生地は、スペインのアルハンブラインターナショナル社の生地。
残念なことに、すでに廃番になってしまいましたが。

生地色と黒い花器のせいか、新緑のさわやかさが足りないなあ・・・。
次は、ガラス器に活けてみよう。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉