深川の春

メトロを降り、階段を上って大通りにでると、通り沿いには、一階が店舗、二階が住居といった
小ぶりな家屋が隙間なくびっちり。
お蕎麦屋、和菓子屋、自家焙煎珈琲屋、イタリアンレストラン、焼き上げたパンがなくなったら
今日は店じまいらしいパン屋、雑貨屋。すこし路地を入ると、和物屋、駄菓子屋。
きれいに掃き掃除された民家の玄関先に、お稲荷さんの赤い祠があったりもします。
・・・最近古本屋さんがなくなってしまったのでちょっとさびしい。・・・
それらを通り過ぎると、海辺橋(うみべはし)という橋があります。
そこからの一枚。
さくら1
川面も空もさくら色に染まりそうなぐらいです。
さくら2
この仙台堀川に沿って、芭蕉俳句の散歩道という小径があります。
芭蕉俳句の散歩道
小径の入り口で、芭蕉さんはひと休み。
芭蕉さん
一度探索してみたいと思いながら、たいていはいつもパタパタと急いでいる。
”芭蕉さん、また今度”と声をかけ通りすぎると、風にはためく”カーテン”の幟旗が見える。
ホームデコアである。

この春、ホームデコアのショールームは深川から場所を移すことになりました。

”どこにですか?”
”青山あたりに・・・。”
”あら!まあっ!おしゃれなところに!”
そう言われる度に、なんとなし、気後れしそうですが・・・。

さくら散れば若芽吹く。
さらにパワーアップした新ショールーム”Prime etoffe”でお会いしましょう!!

 

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

カーテンからシェードに衣替えの術

床に寝そべったり、時にはソファでころころしたりもするわけですね。
二階の窓から、ひょっと下を見下ろすと、にょきにょき足が見えたなら、
お隣さんもやっぱりちいっと困るかなあ。
なので、シェードで。
一階にあるN様のリビングは、お庭を挟んで建つお隣さんの二階の窓から
ちょうど見下ろせる位置に。
上下に開閉するシェードは、窓上から斜めに入ってくる視線をうまく遮って
くれるというわけです。
それぞれの窓にはそれぞれの使い勝手があるものです。
リビングのシェード
実はこのシェード、今ついているカーテンレールにお取付けしているんです。
        見たところ、ただの小さな金具です。
取付金具
こいつが術をつかうんですなあ、ふっふっふっ・・・。
レールのランナーを外して、こいつを取り付けて、カーテンからシェードに
様変わりっというわけです。
ランナーを外せない場合には、術師参上いたしまするとはいかないのですが、
ままご相談くださいませ。

生地は五洋インテックス、サザンクロスのエル。ドイツの生地です。
切り替えのあるボーダー柄で、切り替えし部分には、つまんだようなシワが
よっていて、ふっくらしたやさしい感じがします。
同じ生地でドレープもお作りしましたが、色違いのブルーだとこんな感じです。
五洋の見本帳
白にしようか。ブルーにしようか。と家族会議にかけられて白に決定しました。

     お伺いした頃は、まだちと寒い頃でしたが、ひと雨ごとに春ですねえ。
     春眠暁を覚えずと言いますから、春の夜は眠ここちがいい。
     シェードを半分ほど下ろしておけば、きっと昼も眠ここちがいい。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉