DESIGNERS GUILD2016

今日は、DESIGNERS GUILD の2016SSコレクション発表会に行ってきます。

1950年代初頭、クリスチャン・ディオールによって、ファッション界では、「ニュールック」と呼ばれるスタイルが確立され、パリのオートクチュール界に黄金期がもたらされました。この黄金期と呼ばれる時代に流行したテーマのひとつは、美しく描かれた植物モチーフや、シルク・サテン・タフタといった華やかなファブリックに官能的な刺繍のデザイン。

今日の発表会では、そんな時代からインスピーレションを得た、OUTURE ROSEコレクションをはじめ、新しい Essential コレクションやクリスチャン・ラクロワの新作をご紹介いただけるとのことです。

ディオールのニュールック

戦後のファッションニュールック

1947年S/Sコレクションでクリスチャン・ディオールが独立後初めてのコレクションとして発表した新しいシルエットは、世界的なセンセーションを巻き起こしました。

第二次大戦中のミリタリールック(陸海軍を含めた軍隊調の衣服)など男っぽい服に対し、優しい方の線、細いウエスト、すそ広がりのスカートといった女性的でエレガントなシルエットが特徴。モードの中に女性らしさを蘇らせたということで当時としては画期的。ハーパース・バザール誌の編集長カーメル・スノウが「ニュー・ルック」と呼び、この名前が広まりました。

ゆったりなだらかな肩に細く絞ったウエスト、長くてフルなフレアースカートが特徴です。これはその型から数字の「8」を当てはめたライン「8ライン」とも呼ばれます。戦後、46年までのボールドルック(男性らしさの際立つスーツスタイル)と比較するとエレガントな女らしさを強調した平和のシンボルと言われました。

8ライン もうかれこれ数十年、Aラインしか着こなせない私には永遠の憧れです(^-^;

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です