HOME DECOR

NEWSお知らせ

2012.09.21
楽しくって可愛いキッズルーム

 


 

“自分の物や自分の空間へのこだわり”は幼児期に現れます。

 

その時期はちょうど色彩感覚や空間感覚が育つ大切な時期。

 

大人になってからこれらの感覚を磨くのは大変です。

 

幼児期以降の子どもなら遊びの延長で楽しみながら身につけることができます。

 

そんな大切な時期だからこそ、子供たちの記憶に残る夢の空間作りをしてみてはいかがですか?

 

 

  

 

自分の居所を自分でインテリア・コーディネートすることで愛着も湧き、大好きな空間になります。

 

大人がサポートしながら、選んだり決めたりする体験をさせてあげるのも貴重な出来事。

 

  

 

 

カラフルな色や楽しい柄のカーテンはお部屋のアクセントになり、個性を演出できます。

 

 

 

 

 

 気軽に替えやすいカーテンで、ぜひ楽しんでください。

 

 

      

      

 

      

 

      

 

      

 

      

 

      

 

      

 

      

 

      

 

明るい部屋は、子供の成長に欠かせない要素です。

 

子供にとって一日の大半を過ごす子供部屋はパーソナリティーを育む大切な場所です。

 

まっさらな心はそこで起こる出来事に敏感に反応します。だからこそ子供部屋のコーディネートに手抜きは禁物。

 

素敵で快適なインテリアを作ってあげましょう。

 

好きなテイストは様々でも子供のために用意するなら、ぜひ夢のあるファブリックを試してみてください。

 

カーテンやベッドリネンをカラフルにしてみたり、ベッドに天蓋を取付けたり、壁に好きな柄のボーダーを施したり。

 

「遊び」を取り入れることができるのも、気軽に変えられるファブリックの特徴。飽きてしますかも・・・と

 

無難にまとまめるより、思い切った使い方が功を奏します。

 

 

 

 

 

関連記事

大人も子供もハッピーになれる部屋作りⅠ

大人も子供もハッピーになれる部屋作りⅡ

大人も子供もハッピーになれる部屋作りⅢ

大人も子供もハッピーになれる部屋作りⅣ

 

 

 

 

MENUメニュー