両開きカーテン、片側だけ作ったら半額になる?

金木犀の香りが鼻先をかすめる季節になりました。

去年の暮れにカーテンを収めさせていただいたK様から
ご質問をいただきました。

”両開きカーテンの片側だけ汚してしまったので作り直したい
のですが、できますか?”
”はい、はい、大丈夫です。”
と、早速、お見積もりをお送りしたところ、こんな疑問が
返ってきました。

”両開きの半分なのに、金額は半分にはならないのですか?”
とっても素朴な疑問です。

さて、そこで、ご説明したのがカーテンを作るときの生地の
使用幅です。
前回お作りしたK様のお宅のカーテンは、164cm幅の両開き
2倍ヒダのカーテンです。

■前回の両開きカーテンの生地の使用幅
■164cm幅のカーテンを2倍ヒダでお作りするには、
 164cmx2倍=328cm+縫代20cm=348cmの幅が
 必要になります。
 使用するカーテン生地の幅は150cmですから、
 348cm÷150cm=2.32 つまり3幅必要になります。

 実際には348cm幅があれば足りるのですが、150cm幅の
 生地をタテに裂いて購入することはできませんので、
 150cmx3幅=450cmの幅分の生地を買うことになります。
 
■今回の片開きカーテンの生地の使用幅
■82cm幅のカーテンを2倍ヒダでお作りするには、
 82cmx2倍=164cm+縫代10cm(片側だけなので)=
 174cm。
 174cm÷150cm=1.16 つまり2幅必要になります。

 実際には、174cmあればよいのですが、タテ裂きにすること
 はできませんので、
 150cmx2幅=300cmの幅分生地を買うことになります。
 
■ということで、
■両開きだと3幅、片側だと1.5幅ではなくて、2幅分生地が
 必要になります。

■なので、単純に半分にはならないのです。
K様すみません。

K様の選んでくださったカーテン生地は、リピート(柄のくり返し)
のない生地でしたのでこんな計算になりますが、タテにもヨコにも
柄のくり返しのある生地ではまた使用幅が変わってきます。

”金額の件、了解しました。”
ということで、片側だけを新しくお作りしてお納めしました。
”ちゃんちゃん。”となる、
はずでしたが、思わぬところに異変が!

次号につづく・・・のでした。

南青山の輸入オーダーカーテン専門店 | ホームデコア@東京・神奈川・千葉・埼玉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です